上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月14日~
【先週の結果】
17850円~17460円 値幅390円

想定レンジ
17800~17000円

想定レンジの上のゾーンでの展開でした。
SQ週ということもあり、乱高下の展開を想定しましたが、値幅も予想外に狭く、終始上値へのトライをうかがわせる展開でした。
金曜日は、米国の大幅安を受けて、昨年の同時株安の懸念が俄かに湧き上がった感じの展開でした。昨年も、5月SQ通過を合図に本格的な下降相場に入り6月14日の底値まで続きました。
今年も全く同じ日(SQ当日)の大幅安、ただ下げ渋りは見せていました。アジアも同じように米国安を受けた安い始まりでしたが後半持ち直していました。
週末の米国は反発に転じて終えています。

【今週の相場観】
18100円~17600円

今週は決算発表も山場やら後半戦へ、日銀金融政策決定会合、1-3月のGDPの発表、週末G8財務相・中央銀行総裁会議など比較的大型イベントがあります。
先週末の米国の反発で5月ファンド売りの世界株調整局面入りの不安は遠のき上値トライ(世界は更新)の展開を想定しています。
今週は18000円トライ、来週は年初来高値18310円トライのシナリオです。
もちろん、1-3月のGDP値によって流れは変わると思いますが、上昇のスピード感の差というところだと思っています。
決算発表で以前から注目しているEPSは909円まで来ています。決算の終盤戦はEPSも少し下がる傾向がありますので2007年度の確定は910円~920円のところでしょうか。5月20日過ぎには2008年3月の予想PERに切り替わります。今期0~2%の業績予想でスタートすると920円~940円のEPSでのスタートとなります。
18000円の株価でPERに直すと19.55~19.14となります。スタート段階としてはあまり割安なスタートではないように思います。5月20日過ぎぐらいの(来週中)2008年3月の予想PERに切り替わるタイミングが重要だと思っています。この数値によって、当面の高値が決まるように思いますし、調整のきっかけにもなる可能性があると思います。
当面EPSの数値に変動はなく、次回4-6月の業績発表まで2008年3月の慎重な会社発表の業績予想の慎重さに対する評価が出てきます。もちろん第1四半期で業績修正はほとんどないですが期待は膨らみます。
後半戦にかけては北京オリンピックの寄与に対する期待が大きく高まり急上昇に繋がるでしょう。中間決算発表の前後が基点になりそうです。

【今週の予定】
14日(月)4月企業物価、3月国際収支
15日(火)3月機械受注、4-6月機械受注見通し
      決算発表ピーク
     <米>4月消費者物価、FRBバーナンキ講演 
        5月NY連銀製造業景気指数、5月住宅市場指数
     OECD閣僚理事会
16日(水)日銀金融政策決定会合(~17日)
      3月鉱工業生産改定値、3月設備稼働率
     <米>4月住宅着工、着工許可
        4月鉱工業生産、設備稼働率
17日(木)日銀金融政策決定会合
      1-3月GDP速報
     <米>FRBバーナンキ講演
        4月コンファレンスボード景気先行指数
        フィラデルフィア連銀指数
18日(金)景気動向指数改定値、第3次産業活動指数
     G8財務相会合(~19日)
     <米>5月ミシガン大消費者信頼感指数  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/13-3feaec43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。