上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経225先物 今日の結果
想定レンジ 17980円~17720円 
結   果  17900円~17750円 値幅150円 終値17860円▲160円
トレード +90 7月累計 +570

米国の大幅安を受けて17770円▲250円の寄付後、一旦17840円まで上昇、一目均衡表の雲の上限が抵抗となり下げに転じる、ちょうどその頃為替は119円台に入り下値模索。株価のほうは、17750円CME(17745円)を下回らずしばらく揉み合いの後上昇に転じる。為替も119.80台を底に反転する。後場は寄付き17810円でそこが安値となり上昇し17900円までタッチする。為替は後場寄り近辺で119円台もありましたが、株価と歩調をあわせ120.30台まで戻しまして、大証の引け頃は120.10台でした。1時間足でしか、為替チャートを見ていませんがほぼ日経と似た動きの1日のように見えました。

出来高は現物は20億4千株と20億株を超えましたが今日の反発が今一歩なのも出来高がこのポジションの割には少なかった要因もあるでしょう。先物は11万2千枚と出来ています。
CMEGlobex米国は朝からは徐々に上昇し、今引け後は更に上昇しています。アジアはまちまちの動きでした。

今日は値幅は届きませんでしたが、展開としてはほぼ想定の展開でした。今日の安値、17750円はCME値もありますが、一目均衡表の雲の下値、トレンドラインの最下点ポイントのほんの少し手前と、ほぼ下値支持として機能した形です。
上値はやはり雲の上限どころ18050円での揉み合いが続きましたが、1:30ごろ上に抜けました。(為替が安定を確認120円台でやや上昇し始める)
4日間、当日騰落(寄付・終値)が10円以内続いていましたので、久々に動いた感じです。
テクニカルの短期トレンド指標は、まだ下落方向、オシレーター系も売られ過ぎポイントの一歩手前(騰落レシオ25日(80%)、6・10日(60%)、15日(69%)と短期は売られ過ぎ圏、25日は手前)ストキャストも値は30近辺もクロスがまだです。どれも今一歩のところでしょう。

参院選通過前営業あと2日となりました。為替の足かせと、権利付き売買最終日でなければ、この水準からですから今日から一気もあったかもしれません。もちろん米不安や、為替不安も残りますが、米がもしそうでも、米離れのいいタイミングかも知れません。
今日あたりから決算発表の企業も増えてきています。反応にも注目です。
明日の上値、下値の支持・抵抗ポイントの想定は明日の「今日の想定レンジ」にて。
  人気blogランキングへ 
  ブログ村 日経225先物
 応援大変ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/189-e506a11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。