上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経225先物 今日の結果
想定レンジ  17150円~16900円
結   果   17000~16650円 値幅350円 終値16980円△170円
トレード +190 8月累計 +340

前場16970円~16900円のレンジでの揉み合い(高値17000円・安値16880円)のあと後場急落からの一気の上昇と乱高下の一日となりました。

後場寄付き前「追記」でアジア急落注意のコメント入れましたが、メインのコメント時まではアジアは高く推移していました。後場スタート前のチェックで急変に気づき「12:20」に追記しましたので間に合わなかったかもしれません。すみません。

急落の要因をざっと見ても(ネットニュース等)ピントくる物がなく、アジアを巻き込んだ仕掛けの可能性も?と思っています。
私のコメントでよく後場、急変(一変)する可能性があるのでとコメントすることがありますが、日本の昼の休場時間中に仕掛け、シンガポールSGXから下げ日本市場にトレンドと作ることが見受けられます。今日は時間的に見るとSGXより他のアジアの下げのほうが先のようにも見えました。
後場寄付き前場比▲100円と出来高2200枚、大きく下落のパターン(100円は年にそう何度もない程)、最近では▲30含め3回目。一気に昨日安値16810円も切り下げ、明確なサポートポイントもなくの下げで16650円まで行きました。16650円まで急落した後の一気に上昇。1:30からの1時間足らずの短時間でで330円の上昇となりました。13:30はインド開場しアジア安の中、上昇して始まっていました。これが合図なのか日経225も一気の上昇が始まりました。
アジアの急落以外は、為替も驚く動きもなく、CME米国も大きな変化ではなく、国内には見当たらないところです。急上昇にしても、日経先物上昇過程では現物の反応は今ひとつに見えていました。出来高自体は23億株と出来ていますが、やはり先物主導の実態の少ない上下だったように思います。
今日の下げからの上昇の仕方を見ると、ある意味その筋の中では概ねにコンセンサスがあったのかも知れません。
今日の日足と後場の出来高はセリングクライマックスとも見えます。長い下ヒゲを引いた日足。後は明日以降の直近上値の切り上げと空けた窓埋めがポイントになります。
過去2回の急落の時は、ダブルボトムを形成していますので、明日以降一旦上昇したとしても、来週のSQを睨んでダブルボトム形成の動きがあるかも知れません。3月5日のときは3月14日、昨年6月13日(6月21日も小さく確認)は7月18日にダブルボトム確認しています。

今日は遅くなってすみませんでした。

  人気blogランキングへ 
  ブログ村 日経225先物
 少しランキングも低迷になってしまいました。
 引き続き頑張ってまいりますので応援をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/02(木) 19:27 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/225-ea38f595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。