上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果 日経225先物
17080円~16920円 値幅160円 終値17040円 △100円

寄付き前に発表になった機械受注に反応して、寄付きから乱高下となりその後は17000円台前半のもみ合いが続いています。
機械受注は事前からマイナス予想でしたがそのマイナス幅が10.3%と2桁となりその大きさで寄付きは16960円CME比▲70円の弱めで寄り付きました。寄付き直後から大口の先物売りが続き、昨日終値の16940円を割り、5日平均16920円からの反発となりました。その後は急反発で昨日高値17060円を抜き、17070円の52週平均(日経平均ベース)を一瞬(17080円)抜いたところまで上昇しました。寄付き直後の先物の大きな売りの反動もあり、9:30までの値幅が160円となる急反発でした。その後戻され17000前半のもみ合いとなっています。
機械受注の大幅マイナスも結局寄付き直後までの影響で終っています。
振れの大きい数字で市場では、上下に動く道具のように使われる傾向がありました。(発表時間修正前の14:00発表の時はかなり異常な状況でした。)7-9月の見通しも同時に発表になり3.7%増の見通しとなっています。
出来高は先物6万8千枚と大きく、現物は10億8千万株とまずまずです。
株式のほうは、海運が大きく売られ、鉄鋼、卸(商社)も売られてます。上昇時の牽引役セクターです。続落で値幅も少し大きくなっています。
反面、銀行、保険、情報が買われています。ダウントレンドで下値模索中セクターです。ソフトバンクは引け後の発表ですが買われています。
アジアはほぼ全面高、CME米国も上昇、為替は118円台後半で変化少ない状態です。

後場はもう1回上値トライに向うのではと思っています。前場高値・52週線を抜くか再度のチャレンジで抜けないと前場の範囲での多少の下げはあるかも知れません。
米国は昨日はFOMCを受けての乱高下で上昇とはいえニュートラルのポジションで終えています。声明の解釈にもバラつきがあったようですから、今晩改めての反応があるかも知れません。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物 
    皆様の応援のおかげで、今までの中でも最高の順位です。
    ありがとうございます。一層頑張って参ります。
       
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。