上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の結果 日経225先物
想定レンジ  17150円~16940円
結   果   17100円~16920円 値幅180円 終値17100円 △160円
トレード +90 8月累計 400

機械受注の発表を受けての寄付き、マイナス予想ではあったものの、10%を超えるマイナスと予想を上回り、16960円CME比▲70円の弱い寄付きとなりました。寄付き直後も先物に大口の売りが続き16920円の5日平均まで売られましたが、そこまで、急反発で一気に17080円と昨日高値17060円、52週線(日経平均ベース)17070円を上回るところまで買われました。30分足らずで160円の値幅とやはり機械受注の発表は株価を大きく動かすのに使われる材料です。

後場は結果として17000円台でのもみ合いの末、17100円の今日の高値で引けました。長い時間高値狙いで17080を何度も伺い一度は17090円と付けるもそこまでで追随なく、とはいっても下値に振らされることなく、じっと大口の買いが入るのを待っている感じでした。節目の時間も期待されましたが動きなく、結局東証引け後の、大証時間になって動きがで、17100円台にのせ今日の高値で引けました。
出来高も現物25億4千株と大きく出来ています。先物は12万3千枚。

為替は118円後半で目立った動きなく(今の時間は119円台乗せしています。)アジアはほぼ全面高、CME米国も上昇していました。

今日は日経平均指数・TOPIXとも上昇も、値上銘柄672に対し、値下964と値下がりが上回ってねじれています。
前場概況でも振れましたが、海運・鉄鋼・卸(商社)が大きく売られ、銀行、保険、情報他買われています。日経平均の寄与度が比較的大きい電機・精密・輸送は小幅の上昇、機械は小幅下落でした。輸出関連は最近の不安定な為替の中見極め姿勢もあったでしょう。為替が安定してくればこのあたりの動きもよくなるのではないでしょうか。(日銀8月利上げの可能性も引き続き残るので?)

明日はSQ前日で、何か米国含めて材料が出ると大きく動かされることもありますが(上下)、変化がなければ上を目指すのではと思っています。
今日も値下がり銘柄が多く、結果として騰落レシオは66%と70%割れ水準が続いています。5日平均も今日で上向き、今日の終値で意識された52週平均を上回っての引け。前日の高値・安値ともも切上げ。出来高も大きく増えるなど上昇へのサポートは比較的多くあります。
米国は今日・明日は目立った指標は少なそうです。今晩は卸売り在庫・明日はチェーンストア売上です。FOMCの声明からすると今後は経済指標の反応にもねじれが出てきそうな感じです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。