上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果 日経225先物
17280円~17200円 値幅 80円 終値17230円 △130円

寄付値17250円前日比△150円、CME日経先物比▲50円で寄り付きました。CME値・200日平均の17300円にはタッチできないままの状況で、下値は17200円と窓を開けての上昇は否定されています。ただ、17200円タッチもそれ以上の売り込みは見られず、17240円~17210の小幅な中でのもみ合いが中心となりました。
上値には1000枚超の板は4列並ぶ場面もあり重さを印象付けていますがまだ上値のチャンスが残っている気配はしてます。
現物株の出来高が急速な膨らみを見せています。18億4千万株と少ない日の1日分にあたります。
為替は119円台後半で動かず、アジアは今のところ全面高、CME米国はほぼ変わらず。

後場は明日を睨んだポジション取りで明日17500円まで視野に入れたとこまで(17400円前後)行くのか、SQ通過後の上昇のため、SQ値をほどほどに抑えて(上値抵抗にならないように)から上昇になるのか。出来高から伺えるように、米国の3連騰で一旦の不安解消(先にはまだありそうですが)、17200円超え(窓埋めの動き)で買いに動きだした感じです。

【SQ前日の動いた時間帯】
7月  14:00~
6月  12:30~
5月  10:40~
4月   9:00~  10:30~反転
3月   9:00~  12:30~加速
2月  12:30~             
1月  12:30~  (前場乱高下)
        **朝コメントするべきところをすみません
        **時間は大まかに捉えています。前後としてみてください。
 
大きさの幅の違いはありますが、後場からトレンドを出す傾向が見られます。また節目の時間帯で動く傾向も見られます。7月は14:00までの値幅40円と異常な小幅の動きからレンジブレイクし一気の下落となっています。後場寄付きや節目の時間帯は注意したいものです。

上昇に軸足を置いていますが、17300円のを抜ききれず(もみ合いの上値17250円も)にいると反落や、後場寄付きからの急落等のリスクもあり警戒感は残しておきたいと思います。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物 
    連日の応援大変ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。