上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月19日~
先週の結果】
17450円~17940円 値幅390円

想定レンジ
17650円~17100円

想定レンジを上抜けした展開でした。
先週のSQ通過を受け一気に昨年来高値を上抜けし昨年の6月安値から8ヶ月続いたトレンドラインの上レンジを上少し抜けた、新しいトレンドに入りそうな勢いでした。
東証一部の売買代金も3兆円を10日連続で超え(金曜日は2兆9900億と僅か足らずもほぼ3兆円)市場初とのこと。
木曜日はボリンジャーバンドにかからず完全に超えて終日展開、これは、2005年8月、11月に見られて以来2006年は無かった現象です。2005年はいずれも1週間ほど揉んだあと一段高になっています。
先週はあらゆる面で大きくトレンドが変わった兆候が一度にでた週でした。
米国では、バーナンキFRB議長の議会証言を好感し連日の史上最高値更新(ダウ)
3連休前の金曜日も懸念材料の住宅着工が大幅に予想を下回ったにもかかわらず引けにかけて値を戻して終わっています。

【今週の相場観】
想定レンジ
18150円~17700円 

今週は日銀金融政策決定会合21日(水)が注目される唯一の材料でしょうか。今回は観測報道も含めて静かな展開です。日銀も前回の観測報道に対してかなり神経質になっている感じです。政府・与党筋も前回の牽制発言ほど目立ったものはなく、中央銀行の独立性を否定する発言が世界的に見て政治レベルの低さを露呈した格好になった反省でしょうか。
今回の利上げ実施はほぼ中立の立場が多いでしょう。
株式市場では、仮に利上げがあっても大きなトレンド変化にはつながらないとの判断が大勢で今の動きと資金流入になっているのでしょう。(ごく短期の材料として上下に降らされることがあるかも知れませんが)
先週の結果でも触れましたが、先週の動きはレンジを変えるいろいろな現象が出ていました。
史上初の商いの多さと、ボリンジャーバンドの終日完全に抜けた展開(触れて上抜けはよくありますが)は総強気に傾いてもおかしくない状況です。
ただ主役は外国からの大幅な買い越し、11月末から続いて、1月始めに一休み後さらに大幅か買い越しが続いている現状、今週か来週で一服があってもよさそうですが?

決算発表もほぼピークを過ぎ、GDPも終わり、買いあがる当面も材料としては、3月の公示地価で不動産価格の上昇トレンドが確認でしょうか。不動産系ではREATがかなりにピッチで上昇、利回りで割安ではなくなっているにもかかわらず上昇。
連日で始めたM&A、企業提携の話題が思惑から全体への波及効果。

当面は1~2日の利益確定売りの調整をこなしながらの上昇、短期の材料での上下はあるにしても、今は新しいトレンドにはいったとしたら、市場のコンセンサスを得られるようなトレンドライン(上昇スピードと下落幅)の模索が始まるところでしょうか。

テクニカル面では、騰落レシオの25日が120%を超えて変われ過ぎ、もう少しするとストキャスティクスが買われすぎになりますが、移動平均の乖離率でみると過熱領域ではなさそうです。

総強気の時は次の変化の兆候もしっかりと見て行きたいと思います。
当面は機関投資家の3月決算売りと、為替変動。
為替変動はG7の牽制が多少効いている感もありますが、もし利上げがあったら注目です。利上げがあっても短期は別にしても円安トレンド変わりなしが大方の見方のようですが、注目です。
ドル安は米国にとっても不安要因に思います。強いドルで金融資産の流入が、ドル安で流失になると株価への影響も出るのでしょう。金融界出身のポールソン財務長官が強いドルを強調するのもその辺の懸念からG7での日本の助け舟も米国都合の面もありそうです。

【注意】
先週も少し触れました外国証券の手口でクレディスイスの先物買いが10000枚以上続いています。金曜日は売買なしで、不気味です。短期で上下に動かすのが得意と思われるのでどこかで動いてくるかも知れません。いつもトレンドにはあまり関係ないところで短期に仕掛けているように思います。大きく売って・大きく買って、こういうところがないと、1日250円以上上下するのはあまりないですよね。デイトレにとっては強い見方といったところでしょうか。

【今週の材料】
19日(月)1月日本製半導体製造装置BBレシオ
      米・香港市場休場
20日(火)日銀金融政策決定会合
      <決算>ブリヂストン、タカラトミー、山崎パン 
      <米・決算>ホームデポ・ヒューレットパッカード・ウォルマート
21日(水)日銀金融政策決定会合(結果発表・福井総裁会見)
      日銀金融経済月報
      <米>1月消費者物価指数
         コンファレンスボード景気先行指数
22日(木)2月権利付最終売買日
      1月貿易収支
      <EU>ECB理事会
23日(金)1月企業向けサービス価格指数
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/26-8e3707da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。