上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果 日経225先物
16960円~16730円 値幅230円 終値16840円 終値△90円

寄付き16830円△80円、CME日経先物比△120円とかなりの強さの寄付きとなりました。朝方発表された、4-6月のGDPは市場の予想を下回りましたが、材料として無視されたかたちです。寄付きが「引き」の寄付きと思われ(100円を超える引きは注意しています。)、16850円直近高値を先に確認してからの下落、▲100円の16730円前日終値は下回るも、CME日経先物は下回らず、ここを基点に急反発となりました。10:00までは、16850円水準を意識されれていましたが、10:00過ぎると一気にブレイクし16960円まで上昇しました。そのポイントは、日経平均指数の昨日高値16948円で、そこで抜けずに反転したかたちです。(先物では5日平均16970円水準でもあり)先物は抜けましたが、現物の指数が昨日の高値ポイントを意識した展開でした。
その後は下落に転じ、高値からは▲130円水準まで行き、前場意識された16850円を下回った16840円で前場は引けました。
月曜日は、方向性が出ると、追随か、レンジを切上げ(切下げ)た水準でのもみ合いが多いのですが、今日は大きめに反転しています。最近の地合いを繁栄しています。
CME米国は朝方より高目で、日経上昇とともに幅を広げて上昇していきました。、アジアは日本と連動した動きで今の時間はまちまちとなっています。為替は、118円の前半動きです。
後場は、今晩の米国の週初の動向は見極めたいところで、前場終値水準・16800円台のもみ合いで後場としての方向感出さずに終るのではと思っています。先物は前日高値切上げも、日経平均指数が抜けていませんので、まだ今の段階ではもみ合いの範疇から抜けていないと思います。
CME米国だけ見れば今晩の上昇期待は高りますが、この数字は裏切られることもしばしばで慎重な向きも多いと思います。
今日の上昇は、ここまで売られてきた、鉄鋼・非鉄、海運、卸(商社)が買われ、紙パ、電力・ガスのほか、銀行・証券・不動産は売られています。
16日(木)を意識している向きもあるようです。9月決算のファンドの解約が15日(水)締め切りで解約数が予定を上回ると16日以降の再度の売り、予定を上回らなければ、そこで大きな売りが一旦収束し、安心感からの上昇という見方のようです。
よく11月がファンドの決算が多いといわれますから、少し先をみるとそれまでに今回の問題が収束していないと、10月はかなり危険と言うことになるのでしょうか。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物 
   いつも応援ありがとうございます。  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。