上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<注>これは1月12日に投稿したコメントです。他のブログより引越ししましたので、日付がだいぶあとになっていますがご了承ください。

【07年の想定レンジ】

コア レンジ 19000円~16000円


レンジ幅は年間の値幅が3500円~5000円程度が中心(昨年は3345円日経平均ベース)。騰落率も30%が中心(昨年は20%)。下降相場のほうが値幅が大きい傾向が見られます。
今回値幅は3000円ですので今の段階ではコアレンジとさせていただきます。
昨年来の想定と現段階では変わっていません。

試算根拠は単純に想定EPSからPERの幅で設定しています。

日経225ベースの EPS(一株利益) 昨日現在857円 PER 19.71%
<試算想定>
今期2006年度予測(2007年3月決算) EPS 900円
来期2007年度予測(2008年3月決算) EPS 950円

想定レンジ 19000円~16000円をPERに直すと

昨日現在のEPS 857円 で試算したPERは 22.17%~18.67%

2006年度想定 900円で 21.11%~17.77%
2007年度想定 950円で 20.00%~16.84%

【22.17%~16.84%】 の範囲ですが、
決算発表で業績見通しの変更で順次EPS・PERとも変わっていきます。5月中旬ごろには、ほぼ2007年度見通しになります。

コアレンジと呼ばせていただいたのは、上昇時期にいい材料がかさなったり、下降時期に悪い材料が重なったり、大きく仕掛けられたり、世界経済に大きな偏重があったりした時に上下にブレが生じる、そこまで最初に想定してもあまり意味がないし、予想も出来ないと思います。
もっぱら、上値は20000円から23000円くらいまでの予想がでていますが、20000円は私の試算を使うとPER23.3~21.0%ですから十分可能だと思います。
しかし20000円まで買われるということは、少なくとも25000円くらいまで上昇期待があるから買われるのでそのときのPERは29.17%~26.31%ということです。23000円を買うことはPER30%近くを想定しないと買われないということです。
この想定が実現するには、企業業績の想定が私の想定より遥かに高いか、世の中の資金が株式市場に異常になだれ込むか(ミニバブル)のどちらかでしょう。
現段階で20000円台を否定するわけではありませんが、いろいろ条件がそろってきたら、私の想定レンジも上方(下方)修正していきます。そういう意味でのコアレンジです。

                         

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/32-b23dcf7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。