上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果 日経225先物
16520円~16410円 値幅110円 終値16430△190円

今日の日経225先物は、先週末の米国市場の上昇を受け、CME日経平均先物16495円△255円にサヤ寄せの16500円の寄付きスタート。16520円まで買われるも追随なく直ぐに下落その後は16400円前半のもみ合いに終始した前場でした。
出来高は日経平均の現物株は6億6千万株、先物も3万枚とかなりの細り方です。8月物権利付き最終売買日で、証券ディーラーが積極的に動きにくいことに加え、内閣改造後の反応に対する様子見、今晩の米国の流れ確認、中国の金融機関のサブプライム問題に対するアジアの反応待ち、プラス証金上げの影響のあるのではと思います。

寄付きで16500円タッチは、基本は先週の強さのある程度の維持も感じました。その影響もあってか、下値も16400円割れないところで踏ん張っています。
アジアは高く推移しています。。ハンセンも高く寄り付いています。中国の金融機関への不安の反応はまずは無さそうです。
CME米国は小安くなっています。為替は116円台前半で動き少なくなっています。

従来の月曜日ですと、前場の今日のような下げ方の流れの場合は、その流れを受けて、後場トレンドを出して下落のパターン多かったように感じていましたが、今日は心配の一つのアジアが高くなっていますし、出来高もかなり細っていますので(積極的売りも少ない)、後場寄りつきまでに大きな変化がなければ、このまま、16400円台のもみ合いで終りそうな感じもします。(16400割れを試す場面はあるかもしませんが)
自民党人事も3役も決まり、内閣の顔ぶれは夕方までには揃うようです。株式市場での内閣に関する評価・反応は発表時間にもよりますが明日以降になりそうです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/339-b280647c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。