上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の結果
想定レンジ  16400円~16200円
結   果   16280円~16090円 値幅190円 終値16200円△150円
トレード -80 8月累計 +780

今日の日経225先物は、米国の大幅高を受けたCME日経先物16375円に対し16270円△220円・CME比▲105円と弱い寄付きとなりました。
前場は16200円台、5日平均16250円を挟んでの小幅もみ合いに終始しました。後場は、寄付きこそ前場比△20円も直ぐに売られ、安値16090円まで売られました。
昨日の高値16060円手前で反発し、結果的に僅かながら窓を開けて終えることとなりました。14:00過ぎからは反発し16200円台を確保しての引けとなっています。終値16200円は今日の引け段階の5日平均16210円に寄って引けた形です。
今日も、為替と株式は睨みあいながらの展開で、朝方116円台でもどったものの寄付き前に115円台に入っていたのも、日経先物の寄付きの弱さに反映されていたと思われます。後場の安値の場面も、仕掛けは株式市場だったように思われますが、為替はしばらく反応しなく、115円後半でしたが、株式市場の戻りも鈍ところで、追随するように為替が115円50を抜け115円台前半に入ったところで、株式が更に反応し16090円をつけました。その後株式市場が反発すると、為替も115円後半へと動きました。今日二人三脚でした。
出来高は東証一部売買高15億2千万株、売買代金2兆1千億と少なくなっています。先物は10万4千枚と3日ぶりに10万枚を上回っています。
アジアは全面高、CME米国はあまり動きなしでした。

今日の2時以降の下落・上昇のセットは意図的に思えます。為替は無理に付き合わされた感じで株式市場の主導だったように写りました。市場の今日は買いが入ってこない弱さは感じたものの、材料がほとんどない中の動き、最後は今日の終値べースの5日平均に寄せて終るところ、わざわざ、昨日高値の窓明けの確認に行く当り、下ヒゲを引いて終る等、無駄な動きの中にも、おそらく意味があるのでしょう。なかなか理解するのはむずかしいところです。結局は、値幅は僅かですが先物に翻弄されたかたちです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/358-1b0f21a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。