上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■先週の結果 日経225先物(8月27日~)
想定レンジ   16800円~16200円
結   果    16600円~15830円 値幅770円 終値16600円△100円

米国の週末高(FRB公定歩合引下げ)を受けた週の始まり、8日ぶりの16500円円台でスタートも戻り売りに押されてのスタートとなりました。日本では27日夕方に安倍内閣改造がありましたが目立った反応はありませんでした。水曜日には米国が住宅指数悪化、クレジットローン返済悪化、消費者信頼感の悪化、アナリストによる投資銀行の投資判断引下げ等でダウ280ドル安と大幅下落の影響でザラ場中には再度15000円台に突入、引けは辛うじて16000円台を確保、2番底模索が市場では浸透し買いが入りにくく出来高も細った中での下落でした。翌日は米国が前日の下げを埋める上昇となり、日本市場でも、乱高下しながらも終値では上昇、金曜日の週末は、米国でのブッシュ大統領が翌31日にサブプライム問題の対策を発表する旨が伝わると一気に好感され、投信設定、引けでのバスケット買い観測、月末ドレッシング等の合わせ技もあり△400円の大幅上昇で引けています。31日は週末・月末もあり週足は陽線になり、月足は24ヶ月移動平均が意識されましたが、16378円(24ヶ月平均)を上回り、陰線ながら長い下ヒゲをひいた足となっています。日足では25日移動平均を上回って終えています。
為替も116円台から113円台の展開、原油価格は8月22日に69ドル台をつけたあとは上昇して74ドル台になっています。CRB商品指数も8月21日に299ドルをつけて反発し308ドル台で終えています。

世界の株価の安値からの戻りは
ダウ 61%、ナスダック64%、英国52%、ドイツ47%
韓国64%、インド75%、台湾54%、
香港ハンセンは103%と高値更新、中国上海も高値更新継続中
日本は日経平均は43%、TOPIXは41%と一部を除いては半値戻しを達成しています。

■今週の相場観 想定レンジ
16900円~16200円

今週は16500円を挟んでの展開を想定しています。
世界の株式市場での日本の戻りの鈍さは為替の影響もあり、顕著となっています。また先週木曜日に発表になった主体別売買動向の外国人の買い越し(小幅)、先物での外国人の買い越し、週末金曜日の寄付前外国証券経由の注文動向が買い越しに転じる等、外国のスタンスの変化にも期待が集まります。
週初は寄付き前の外国証券経由の注文動向に注目が集まりそうです。買い転換の継続に期待が集まります。月曜日以降も買い越しが持続するようですと、少し戻りを試す展開も予想されます。(私自身は寄付き前の外国証券経由の注文は警戒してみています。1日だけ大きく変化した時に逆に動く時も多くあります。)
また、先週末の上昇も月末化粧や、急上昇での踏み上げの一時的要素の可能性もありその要素が強かった場合は軟調な展開からのスタートの可能性もあります。上値では、半値戻しの16800円水準ではは戻り売りも大きそうです。
不安要素がまだ大きい中、先物主導による説明しにくい上下も継続してありそうです。

今週は9月相場のスタート週でもあります。アノマリー的には過去10年は1勝8敗1分(昨年)と大きく負け越しとなっています。
また今月はメジャーSQ月(米国ではトリプルウィッチング)でもあり、金融政策の行方もECB、米国、日本共に予断を許さないところ、同時にその結果を受けて為替のトレンドにも大きく影響し、結果企業業績にも影響を与え株価変動要素ともなり、18日・19日のFOMC・日銀金融政策決定会合通過までは、トレンド形成はむずかしそうです。
また、先の10月は11月のファンド決算に合わせた45日前解約締め切りに備えた換金売りの不安の再燃の可能性もあります。9月に積極的になりにくいところです。

日本市場での材料は月曜日の法人企業統計が注目ですが、それ以外は木曜日に新日鉄が中間業績見通しを発表する程度です。
海外では米国が月曜日は休場、4日火曜日にはISM製造業景気指数、5日水曜日にはベージュブック、6日木曜日にはISM非製造業景気指数、7日金曜日には雇用統計と、その他FRB理事や連銀のスピーチも予定されイベント豊富です。
またEUでは、ECBが金融政策金利の発表があります。
今週も海外要因での上下が予想されますがトレンドを出すまでには行きそうにないと思います。

17180円  一目均衡表週足上限
17070円  52週移動平均
17000円  心理的節目
16960円  8月13日高値(窓下)
16870円  8月14日高値
16780円  安値から半値戻し
16650円  ボリンジャーバンド+2Q
16600円  31日終値・高値
16585円  CME日経平均先物
16530円  25日移動平均
16380円  24ヶ月平均
16310円  一目均衡表基準線
16290円  5日移動平均
16270円  31日安値
16180円  一目均衡表週足雲下限・日足の転換線16170
16090円  30日安値(小窓下)
  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/368-3bc266d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。