上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■6月18日~
【先週の結果】

18030円~17610円 値幅420円

想定レンジ
18350円~17850円

想定レンジを下抜けた展開でした。
想定では前半で上値トライ後米国からの波乱の展開を想定していましたが、順番が逆の展開となりました。週前半は前週からの金利高懸念から米国安を受け下値を試しに行き、17600円手前で反発。3連騰で18000円台回復で週末を引けました。
米国安は金利をメインにした解説が多いですが、やはりトリプルウィッチングの影響による乱高下ではと思っています。3月の時と展開がいっしょのように思います。昨年の6月の同様だったように思います。グリーンスパーン発言も、3月同様のタイミングでした。
9月12月の時は見られなかった傾向です。
日本の金融政策決定会合は市場の予想通り据置、今後はスケジュールに予断なくとこちらも予想通りのコメント。
米国は最高値近辺まで戻して週を終えています。
為替は123円台で終えています。
上昇はしていますが、CME高鞘寄せのあとは値幅の少ない揉み合いの連続、出来高はあまり増えず。(新興市場の木・金は出来高少し増えています。)売り手不在、先高の表れとも見えます。

【今週の相場観】
想定レンジ
18500円~18000円

今週から月までにかけては、上昇を想定しています。
今週から株主総会が順次始まります。その時期下がらないのアノマリー。海外の12月企業の中間決算のドレッシング、各種テクニカルの買い転換等、かなり上を目指す材料は多いと思います。
CMEも直近の壁であった18080円を上回る18180円となっています。現物の年初来高値18215円、先物の18320円を抜けるか、跳ね返されるかがポイントです。
オプションも、上昇過程でコールの積み上がりがあまり目立っていませんでしたが、金曜日に多少コールのほうに動きが出たように感じます。
今まで出来高少なく、先高感から利益確定を遅らしている向きの売りが18300円近辺で少しも見合うか、一気に18500円トライでその近辺で利益確定が集中するか、18000円台の値固めの動きとなることを想定しています。
今週は経済指標では大きな材料はほとんどなしの感じです。

もし、不安があるとすると、やはり米国です。金利高不安が理由で下げたのなら、1週間の短期で方向転換するほど金利水準に変化が出ているとはいえない中、再度揉み合いあるいは下げがあっても不思議ではありません。(金利変化のない中、再度最高値更新続くようであれば、先週の下げはやはり、トリプルウィティングがらみで、グリーンスパーン発言や金利高を短期的に利用したのみということになるのでは。


【今週の予定】
18日(月)月例経済報告、日銀金融経済月報
     WTOドーハラウンド協議(~23)
19日(火)百貨店売上、鉄鋼生産
     <米>5月住宅着工。建設許可
20日(水)日銀金融政策決定会合議事要旨
      法人企業景気予測、コンビニ売上
      全産業活動指数
     <米>サンフランシスコ、ニューヨーク連銀スピーチ
21日(木)貿易統計、民生用電子機器
     <米>景気先行指数
        FF連銀製造業景気指数
22日(金)全国スーパー売上
      株主総会、トヨタ・ホンダ・シャープ・ソフトバンク他

   *その他株主総会本格スタート

今回以前の過去の【今週の相場観】は他ブログから引越しのとき順番間違え逆になっています。読みづらく申し訳ありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/37-ad788c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。