上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果
16590円~16460円 値幅130円 終値16470円 ▲130円

朝方発表された、法人企業統計は注目の設備投資は▲4.9%と事前予想の二桁増から大幅なサプライズに近いマイナスとなりました。
逆に寄付き前外国系証券経由の寄付き前注文動向は2日連続の買い越しとなりました。
それを受けた日経225先物の寄付きは16500円▲100円、CME日経先物比は▲85円と弱い寄付きとなりました。寄付きで一旦売りを消化した後は、16480円を安値に上昇しましたが、16600円昨日高値手前16590円で反転しその後は16500円を挟んだもみ合いが続きました。16590円からの反落後は25日移動平均線が意識され、16530円が上値のもみ合いが続きました。前場引け前には、痺れをきらし、レンジを僅かに切り下げ、16470円の今日の安値近辺(安値16460円)で引けました。
出来高は、東証一部売買高7億5千万株と低水準は変わらず、日経先物も4万7千枚と10万枚前後ペースと並の水準です。
アジアはまちまちで小幅なもみ合い展開が続いています。CME米国はほぼ動きなし。為替も115円台後半で動きなしです。

法人企業統計の設備投資がサプライズ的なマイナスにもかかわらず、寄付き後の上昇、反落してもこの程度で済んでいるのは、中身を見ていくと、製造業の設備投資は二桁増を維持、非製造業も前期の高い伸びの反動、経常利益の伸びはしっかり等、いろいろいい解釈もあってのことと思われます。また外国人の連続買い越しを好感しての向きもありそうです。
後場は前場引け味はよくありませんので、寄付きから注意したいところです。
改めて、法人企業統計を材料視しての売りの可能性もあり出来高を伴っての窓をあけての場合は特に警戒したいところです。
ただ、一方向には今日は傾きにくいのではとも思っています。最終的に25日移動平均の明日の水準16490円(25日移動平均は今日は16530円で戻りの抵抗となっていますが、明日は今の水準で引けると16490円近辺になります)が意識されるのでは想定しています。積極的な買いも少なく、売り方次第の展開となりそうです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/373-2e49a1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。