上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の想定レンジ
16650円~16480円        NYダウ   13448.86 △91.12 
                    ナスダック     2630.24  △33.88
                    S&P    1489.42   △15.43
                 CME日経先物   16550   △150    
今日の日経225先物は直近の高値16600円を試しに行く展開を想定しています。
米国ダウは91ドル高と連休明けは上昇で始まりました。CME日経先物も16550円と大証比△150円高で帰っています。
IMS製造業景気指数は52.9%市場予想を下回るものの50%を超え、強すぎず、弱すぎず、9月利下げの障害にはならないとの判断での好感のようです。8月の自動車販売も注目され、GMが好調も好感されました。(トヨタは2ヶ月連続減もフォードを抜いて2位に)
ナスダックはダウを上回るの1%を超える上昇でハイテクが買われています。

心配された、8月以降の数字が予想を大幅に下回るほどの悪さではなく一安心のスタートのようです。ただ今後、いい数字が出ると織り込んだ9月利下げがなしの可能性を模索し株価にマイナス影響の可能性もありそうです。
原油、金、商品(CRB)は比較的大きく上昇しています。為替も116円台に乗せています。
欧州も上昇、ドイツ銀行CEOの金融市場の安定のコメントに好感した面もあるようです。

今日のシナリオは、CME16550円、直近高値16600円の節目抜けずに反落のパターンと、直近高値抜き高値もみ合いのパターンが想定されます。
16500円以上で5日平均線とが25日平均線を上抜けします。買い方にはフォローの要因でしょう。ただ25日平均線は下向きですので短期的には○でも注意は必要です。
また、陽線か陰線かも注目したいところです。陽線シナリオとしては、寄付き昨日高値16520円超えCME近辺、一旦下値確認(16500円割れないか)し、徐々に上昇で16600円抜け、その後16600円挟んでのもみ合い。
反対に陰線シナリオとしては16590円近辺で寄付き16600円抜けずに下落等です。
CME手前で寄り付いた場合でもCME抜けずの下落の可能性もあり下値16480円を切ってくると弱気に傾き易くなりそうに思います。(寄付き後も)

昨日オプション価格からくるIV(インプライドボラティリティ)が30.4%と再度30%台に上昇しています。米国の3連休明けに対する単純なリスクヘッジだけならいいのですが。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/385-28c489d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。