上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■先週の日経225先物の結果(9月3日~)
想定レンジ 16900円~16200円
結   果  16590円~15840円 値幅750円 終値16100円▲500円 週間騰落▲400円 

先週は先々週とほぼ値幅・レンジともほぼ同じ水準となりました。
先々週末の米国サブプライム緊急対策発表予定の報道を受けて米国に先取りするかたちで大幅な週末引け高を受けた週初のスタート。米国の週末の反応は上昇とは言え今ひとつだったため、米国の週の始まり(月曜日ベイバーデーで休場)を待つ様子見ムードで火曜までは16500円を挟んだもみ合いとなりその後下落し、結局月曜日が週の高値となりました。
水曜日には目立った材料が無い中、2日連騰した米国の反落想定の先取りか先物主導で大幅下落となりました。翌日も同様に先物主導の大幅下落のあと、15840円と6日ぶりの15000円台に入りましたが、直近の8月17日最安値からの戻り過程での安値の切り上がり過程15830円を割らずにある程度現物出来高を伴った急反発となりました。2日連続の値幅400円台とボラティリティの高い日々が続いています。
日本では月曜日に法人企業統計、木曜日には鉄鋼の中間業績見通しの発表等がありましたが、相場全体への波及効果はなく、テーマは日々米国市場の動向。今までの動きにくい様子見から、先回り先行の動きが相場を大きく動かした印象です。
為替は116円台~114円台で日本市場の時間帯では、前週より動きが少なくなっていました。週末日本市場終了後、米国雇用統計を受けて大きく動き113円台前半まで円高方向に動きました。
世界の株価指数は欧米は週末の下落大きく週間では下落、特に欧州は週末2%を上回る下落となっています。アジアは戻りの高値でのもみ合い。上海・香港は高値更新をしています。
原油価格は上昇、最高値に迫る76.70ドルまで上昇しています。
CRB(商品)、金も上昇、金は昨年来の高値をつけています。
米国10年債の金利も4.48%と急低下で節目の4.50、今年2月以来の水準となっています。

■今週の日経225先物の想定レンジ
16100円~15300円

今週はメジャーSQ週となります。
先週末の米国市場の大幅下落を受けて、CME日経225先物の値も15805円▲295円の下落で帰っています。為替も円急上昇で113円台に入っています。
注目された雇用統計が予想される最悪の結果になったようです。増加数の減少ではなく、純「減少」と発表されました。9月利下げ好感以上に本格的景気減速への懸念が一気に広がったとの不安のほうが大きくなったことの表れと週末が重なって大幅下落に繋がったと思われます。
以前よりFRBの利下げは、9月織り込みに加えその後1~2回の利下げも織り込まれ始めていました。それを更に加速させる今回の雇用統計も結果です。となると、9月利下げがあったとしても、株価の反発は限定的となる可能性もありそうです。おそらく、利下げへの期待度も極端で過剰なものになり易くなっています。
ただ、今週から米国投資銀行の決算発表があります。いままで見えなかったサブプライムに関連する今回の影響がある程度見え出します。行き過ぎた過度の不安から一時の救いになるのか、更なる事態の危機を感じさせるのか注目です。
今週の予定では月曜日に4-6月GDPの改定値がでます。先日の法人企業統計の設備投資のマイナスの影響もあり下方修正が見込まれています。11日(火)には機会受注、週末はメジャーSQです。
海外では月曜日にECBトルシェ総裁の会見、11日(火)にはバーナンキFRB議長の講演,トルシェ総裁も欧州議会証言がありどちらも注目です。トルシェ総裁も先日株価が急落の折には対応をとると発言されていますから、何らかの対応策が急に登場するかも知れません。米国も投資銀行の決算発表が順次出る中、更なる混乱の場合はFRBからの何かメッセージがあるかもしれません。緊張の続く週です。
あとは13日(木)からイスラム教のラマダン(断食月)入りとなります。(よくオイルマネーが入りにくいと言われます。)

今週は不安定な中でのメジャーSQ週でもあり、乱高下は継続しそうです。下値模索を想定していますが、投資銀行の決算内容や、ECB・FRBの緊急対策等がもしあると急反発の可能性もありそうです。

先週15840円からの急反発が帳消しになってのCME日経先物の15805円です。この水準を切ると最安値からの戻り局面の安値15710円が目安となり、そこを切ると15500円の心理的節目と、最安値15230円が意識されそうです。買い方は為替は113円台のうちは中々値ごろ感からだけの買いは入れにくいところでしょうか。米国の投資銀行決算も見たいところです。売り方有利と思われますが、ECBや、FRBの緊急対策等が急に発表されることが売り方には不安材料かもしれません。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
    いつも応援ありがとうございます
    昨日は「土曜日」でしたが、普段以上の応援を頂ましたありがとうございます。
    「土・日」のポイントが増えるとはありがたく思います。
    ぜひ引き続きの応援をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/405-68702afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。