上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月第2週の金曜日は日経225先物と日経オプションの特別清算日が重なるメジャーSQとなります。翌週が米国のトリプルウィチング(Triple witching)となります。
日経オプションのは毎月第2金曜日が清算日となります。3月、6月、9月。12月は日経225先物と清算日が重なるためメジャーSQと呼ばれています。「SQ」とは「Special Quotation」の略です。
第2金曜日の現物指数の始値の値段で算出されます。日経225採用銘柄の始値で算出され、その日に気配値で値が付かなかった銘柄は気配値で算出されます。
算出された数値はSQ値、特別清算指数と呼ばれます。過去のSQ値は大証のホームページで見れます。
また、SQ値はその後の支持・抵抗ポイントとしてもしばらくの間は目安として意識される傾向があります。
SQが近くなると裁定買残も意識されます。裁定買残は基本は「割高な先物」を売って、「割安な現物株」買いその値幅「サヤ」を取る売買手法です。価格差は基本は金利分ですが、中間期末等に配当と重なる時は配当分も差が出ることもあります。
特別清算日に清算で反対売買が起こるので「現物株の売り」が出易く、その量にによってSQ日に波乱が起こるといわれる所以です。
また、SQ清算日前に利益確定する動きもあり、下落局面で、日経平均株価指数より日経先物のほうが価格が下回った場合は清算日を待つ前に利益確定(清算日を待つより利益が出る)の裁定解消売り(現物売り)を誘い易くそれも波乱要因とされています。
SQ週は売りが出易く、買い手も手控え易く、仕掛け的な売りが裁定解消売りを誘い更なる下落の相乗効果が働く面があります。
ですから、SQ週が近づくと裁定買残の残高の規模に注目が集まります。ロールオーバーという言葉も耳にするかと思いますが、翌期への乗り換えです。乗り換えることにより、清算日の決済する量は減り、その分売りも減り波乱が少なくなるという仕組みです。
裁定買残は時価総額の1%を超えるとかなり売りが出易い水準といわれています。8月31日現在2兆7200億で0.5%と低水準です。
株数ベースの変化は毎日オプション・裁定買残・先物手口情報で2日遅れの情報を入れています。
SQ週の値幅分析SQ(特別清算日)当日と前日の値動きもご活用ください。

米国「トリプルウィチング」(Triple witching)は日本のメジャーSQのようなもので、同じ3月、6月、9月、12月の第3金曜日に「株式先物取引」、「株価指数先物オプション取引」「個別株オプション取引」の取引期限満了日のことです。
偶然とも思いますが昨年来大きな下落局面は3,6,9月の1ヶ月前後前に起きています。昨年の5月の世界同時株安、今年2月末からの下落、今回8月の急落等です。
  日経先物人気blogランキング  
  ブログ村 日経225先物    お役に立つものがあれば応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/09/08(土) 18:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/406-174d548a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。