上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果
15790円~15630円 値幅160円 終値15790円 ▲310円

今日の前場は、為替の112円台と4-6月のGDP下方修正が予想を上回る悪化で寄付き15660円▲440円、CME日経先物比▲145円と意識される16710円を下回る寄付きとなりました。
さすがに行き過ぎ感もあり、一旦上昇も15760円とCME日経先物の15800円にも達せずの反転となりました。その後は再度下値確認に行き16030円の16600円割らずの手前で反発しました。その後はあまりも見合うことも無く今日の高値15790円まで上昇し、前場高値引けとなっています。買い板も後半は薄板のままの上昇をアピールするかたちの上昇でした。
為替は寄付き前の112円70近辺が今日の円の高値で、そこからはジワリ円安方向の小さな動きで、113円台に戻っています。
アジアも全面安、韓国は3%近い下げとなっています。CME米国もいまのところ安く推移しています。
出来高も日経先物は7万枚と出来ていますが、現物株は7億9千万と膨らんではいません。

後場は15800円(16840円)の攻防後、再度の下落を想定しています。
月曜日は今日みたいなトレンドをだしたときはその流れを踏襲するか、その方向でのもみ合いが多いと感じていますが、今日はこの上昇には値ごろ以外の材料も少なく、上昇力を維持できるか?。
前場安値で、今日のところの売り方のこれ以上の深押しが無さそうからの反発のように感じています。
前場15640円からの上昇は「板も薄い中」での上昇とここまではある程度のコンセンサスでの上昇のように感じます。後場は板の変化にも注目したいところです。16800円と16840円が注目のポイントですが、ここを上回って維持するようだと、今晩の米国上昇の確信犯ではと思ってしまいます。
また、SQがらみでの16000円を意識しての動きも考えられます。16000円がみなの居心地のいいところであれば、大きく離れようとせず、自然と戻ってくる感じでしょうか。ただ、今日の15700円割れで、今後15500円は限りなく近づいた感じもしてます。

月曜日のトレンドに乗る流れもあり、いつもながら、逆の流れにも注意したいところです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/412-2575de52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。