上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果
16020円~16920円 値幅100円 終値15930円△90円

今日の日経225先物は、上昇したCME日経先物にほぼサヤ寄せして15960円CME比△5円の寄付きとなりました。
寄付き後はもみ合いが続き9:30からは16000円のチャレンジ、上値16020円の5日平均で抑えられる形で、16000円を挟んだもみ合いが長く続きました。10:30からは少し売りに押され前場引けにかけては15920円と今日の安値を僅かに更新し安値近辺15930円で引けました。
為替は114円前半で後半は113円台を目の前のポジションで止まっています。アジアは韓国以外は上昇しています。CME米国は終始小安い展開です。
出来高は現物株6億8千万株と7億株割れ。先物も4万6千枚とこちらも5万枚割れの少ない出来高となっています。

寄付きCMEにほぼオンラインで昨日高値を上回っていましたので、まずまず強目始まりの印象。16000円トライで16020円で何度も跳ね返されるも、簡単には下げずに粘るところももう少しの上値を期待させるところです。後場は、前場引けにかけて安値更新で雰囲気は悪いですが、16900円死守できれば(15880円程度まで)、節目の時間からの反発の可能性もあるのではと思っていますが注意は必要でしょう。
ただ、前場引け味はあまりよくないので、後場寄付きは警戒が必要です。為替も113円目の前の水準でしたので、寄付き前に113円台に入っていると窓明け下落の可能性も出てきます。ただ今日の為替は独自の動きより株式相場を睨みながらの動きとも思えますので、株価が反発すれば114円台の動きのになりそうです。
明日がSQ前の最終売買になり、今日のポジションも重要になりそうです。16000円で双方折り合いが付いていればこの水準から大きくは離れないと思われます。今日の前場の印象もそんな感じはしています。
。ここからの上下500円は材料がないと力仕事になり結局は16000円近辺が居心地がよくなるところでしょうか。
まだ売り方有利の状況と思われますので、もし下げた場合は昨日終値程度15840円が許容範囲というところでしょうか。

現物株の出来高も少なく、先物主導になり易い場面、前場先物が出来高少ないため、後場に急激に動きが出る可能性もあり警戒したいところです。
韓国・台湾が今の時間まで右から下がりですから、SGXの寄付きにの動きにも注意して起きたいと思ういます。
  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/428-3e0d57d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。