上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  16000円~15750円 
結   果   15940円~15790円 値幅150円
始   値   15920円
高   値   15940円 
安   値   15790円
終   値   15800円 △20円
トレード +50  9月累計 +500

今日の日経225先物は、値幅150円のもみ合いに終始した一日となりました。前場は15900円を挟んで、後場は15850円を挟んでの展開。
SQ前日で特別清算値を睨み16000円が意識され15800円台が売り方・買い方のバランスの取れたポジションなのか無理な仕掛けも無く、また大きく振るための材料もなくの小幅な動きでした。
為替も114円台前半の小動き、アジアは台湾安以外は上昇、CME米国は小安い推移。
出来高は現物株15億6千万株、代金2兆2千億とかなり細っていました。日経先物は9月限6万5千、12月限3万9千枚とあわせてどうにか10万枚といったところです。

今日は明日から12月限になることもあって、9月限と12月限に分散した形です。板も、薄い板が続き、時に100枚板もありましたが、今日のは戦闘態勢の板ではなく単純に限月分散で板が薄くなったのとカモフラージュではとも思います。

ラスト少し弱含みましたが、先物のロールオーバー(限月変更・乗り換え))がTOPIXは進むも、225先物は進まず明日に不安が残るとの情報が少しあったようです。

今日は一部週刊誌ネタが話題になっているようです。
9月18日大暴落説。サブプライム問題から派生しリスクの世界拡散、日本のバブル崩壊以上の恐ろしさ。すでに日本の地価も頭打ち、FRB 利下げ後ドル安、円高ショック、ブラックマンデーの悪夢等。
実際に呼んでいませんので、聞き伝えのコメントのためニュアンスが違うかも知れませんのでご容赦ください。

よく、テレビのワイドショー、週刊誌が取り上げる時はそのねたの終焉時期とも言われます。
ただ今回は市場のほうはそれほど悲観になってない中ですから、微妙なところです。暴落は?でもダウントレンドの可能性は為替次第で否定できないかもしれません。

明日はSQ通過後の展開に注目ですが、来週までは(FOMC通過)動きが取りにくい状況は続きそうです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/439-751592eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。