上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の相場観 前場の結果
15990円~15840円 値幅150円 終値15970円 △220円(12月限前日終値15750円)

今日はSQ特別清算値の精算日、速報ベースでは15895円95銭のようです。CME日経先物は米国高と連動し15980円△230円でしたが、日経225先物の寄付きはCME日経先物比▲100円と安い寄付きから15840円まで売られ、落ち着くと15900円台前半のもみ合いが続き、10:30からはレンジを切上げ15900台後半のもみ合いとなっています。
16000円にはなかなかタッチできないものの、ジワリと下値を切上げる展開となっています。

為替はよく動いています。米国株式市場の終了後一気に円高方向に動き、日本株式市場が開始前に114円50近辺まで円高に進んだあと、株式市場寄付き少し前から反転、円安方向に動きだし、115円20近辺まで戻しました。日本株の朝安後の上昇を見越しての動きにも見えます。その他為替を上下させる要因があったのかはわかりません。

今日は市場ではSQ通過で少し上値を狙う展開を想定する向きが多かったそうですが、意外とここまでのところは戻りが鈍く期待したほどではないといったところのようです。その期待感あってのことか、弱いとはいえ下値はジルジリ切り上げている状況です。

アジアは高く、CME米国は安く推移しています。
出来高はSQ算出日のため多くなっています。先物は5万5千枚とSQ日にしては少なく感じます。

後場はここまで辛抱強く上げてきましたので16000円にトライする場面も
あるかと思いますが為替がまた114円台に入っていますので少し嫌気をするかもしれません。
基本は16000円を挟んだもみ合いではと思っています。
あとは今晩と月曜日の米国市場をどう市場が見るかです。ダウは9月4日に押し戻された13500円の節目が目の前です。ここを抜けるとチャート的にも8月16日を底とした上昇トレンド入りにも見えてきます。今現在高値から▲4.2%のポジションです。冷静に見るとFF利下げを懇願する株価水準には見えないような気がします。逆をいうとかなりのFF金利下げを折込んだ水準と言うことでしょうか。
過去は金融政策の転換でトレンドが転換することが多かった分期待も大きいのだと思いますが14000ドルの高値更新してのトレンドイメージがわきません。抜けないと上値の糊しろがあまり無さそうです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/09/14(金) 16:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/443-dc6959c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。