上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■先週の日経225先物の結果(9月10日~)
想定レンジ 16100円~15300円
結   果  16120円~15610円 値幅510円 終値16090円▲10円 週間騰落△430円 

前週末の米国雇用統計の悪化で急落した流れを受けての週のスタート。15660円・前日比▲440円、CME日経先物比▲145円と寄付きで一気に織り込んだかたちの寄付きとなりました。8月17日の安値からの戻り安値を切り下げるかたちで不安が広がりました。火曜日も下値切り下げ15610円の安値をつけましたが、15600円割らないことに安心したのか、コンセンサスの反転ポジションだったのかそこから一気の上昇、水曜日以降も下値を日々切り上げ、週末金曜日は3連休前も16000円台を回復し16090円で引け、週間では陽線となりました。
その間機械受注の△10%を超える増のサプライズ的数字、安倍首相の突然の辞任等ありました。機械受注は直接的反応なし、安倍首相辞任は当日はサプライズで影響大も1日限りの印象。
米国はサプライズの雇用統計ショックも1日。週を通じてはFF金利下げ折込相場とも思え、堅調な展開でした。
為替は雇用統計悪化で一気に円高に振れた前週末からは反転、円安方向に向かい115円50近辺を円の安値にもみあっています。
原油は史上最高値更新中で80ドル台に乗せ、その他、金・CRB商品も上昇の週でした。
世界の株価指数は戻りのもみ合い相場的印象です。香港は高値更新、上海は今週は高値更新ならず、高値圏もみ合いです。

■今週の相場観 想定レンジ(9月18日~)
16500円~15800円(月曜日のCME値によって微修正します)

今週の日経225先物は少し乱高下の展開を想定しています。
重要イベントが多く、今後のトレンドに影響を与えそうです。
18日の米国FOMCは利下げを市場は折込、0.25%か0.50%に注目が集まっています。日本では19日の日銀金融政策決定会合で政策金利の発表があり据え置きがコンセンサス。また18日から米国で投資銀行の決算発表(18日リーマンブラザース、19日モルガンスタンレー、20日ゴールドマンサックス、ベアスターンズ)があります。こちらも大きな注目が集まります。またそれらの結果を受けて為替がトレンドを出す可能性もあり、日本株の行方を決める重要な要素の一つです。今は動きが止まっている嵐の前の静けさです。
その他スケジュールではグリーンスパン前FRB議長の講演、バーナンキFRB議長の議会証言(20日)、その他住宅関連指標、消費者物価、景気先行指数、毎週木曜日の新規失業保険申請件数にもしばらく反応しそうです。
そして週末の米国はトリプルウィチィング(日本のメジャーSQ)があり波乱が予想されます。日本では金融政策決定会合以外では20日の7-9月法人企業景気予測調査があります。週末21日は権利付き売買最終日でもありポジションによっては米国トリプルウィティングもあり波乱の可能性も出てきます。

また、原油、金、商品の上昇が際立っています。一時避難した資金が帰ってきたことを好感する向きもありますが、素直にそう見てよいのか微妙です。

とにかく米国の材料の多い週です。
いろいろなシナリオが想定されますが、仮説の一つとして、FOMC0.25%下げの場合、米価株は一旦材料出尽くしと、0.5%への過度の期待に対する失望から売られるも、冷静になれば利下げへ金融政策の転換、今後の段階的利下げ期待、投資銀行決算での実態確認で少し安心感で買われる。その間新規失業保険申請件数の数字に反応し、トリプルウィッチング通過までトレンドにならず上下。日本は米国の動向も注視しながらも、為替の影響を受け易い局面。方向性としては金利差縮小で円高に動きそうなものですが、今は為替は米国株式市場と連動する局面で、米株が売られると円高(ドル安)・株が上昇する円安(ドル高)の状況ですから結果として日本株は米国株連動になりそうです。金の上昇も、先々のドル不安の表れでもありそうです。
原油、金、商品高でインフレ懸念は払拭されず、また景気後退懸念もあり、捻れ状態の中の金融政策変更です。FF金利下げがあっても先々には少し不安は残りそうです。

テクニカル的には週後半から一目均衡表の雲が下値を切り下げながら厚く出現します。そこが上値の抵抗帯になるか、雲の中でもみ合う展開も想定されそうです。一気に上に抜けるには16800円以上のポジションになります。また遅行線が実態部分に接近し上抜けの可能性は週末に出てきます。ポジションにもよりますが25日移動平均は週末くらいから上向く可能性が出てきます。
またトレンドラインが上下に引け、持ち合いにも見える形状です。
テクニカル的にも、イベント的にも大きな山場の週となりそうです。
また、週刊誌ネタにもなった18日暴落説もあり全く否定するものでもなく緊張を持って臨みたい週です。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/447-c1203c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。