上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月の13日でこのブログで日経225先物の「相場観」のコメントも3ヶ月となりました。
ほぼ毎日続けてこられたのも個人投資家をはじめとする読者の皆様に支えられてのことと感謝しております。ありがとうございます。

今日は私の相場観「雑感」としてコメントします。

「相場」は「戦い」戦国時代の「いくさ」とダブらせて見ている部分があります。命を懸けた「戦国時代のいくさ」大切な資金を奪い合う「今時代の相場」、奪い合うためにはありとあらゆる手段を講じる。

戦国時代の戦(いくさ)の「陣構え」→ 「板の配列」「チャート形状作り」
 〃 はかりごと・「調略」    → 情報操作
 〃 敵だったものが仲直り「和議」 → 談合(憶測)
その他、数の力で一気に攻める、弱いと思えば徹底的に潰す。
中堅領主は強いものになびく、それまでは様子見。
まさに相場の世界と重なる部分が多いと思います。

汚い手もあり、相手の裏を欠く、裏での談合、全てありだと思えば、少し情報の接し方や相場の見方・相場観も変わってくるかもしてません。

「戦の陣構え」→「板の布陣」もいろいろ仕掛けや暗号も張り巡らされてそうです。
トレンドをだして動くときには板はきれいにそろいます。パターンもいくつかあります。毎日日経225先物の板を監視していれば気づくこともあるでしょう。不特定多数が参加の相場できれいに板が揃う。長年の暗黙のルールがあると思っても不思議ではなさそうです。100%同じパターンはないにしても必ず、警戒や反応はしています。
トレンドを出すときはやはり節目の時間の存在も否定できません。
「後場寄付き」「前場寄付き」「10:00過ぎ」「14:00過ぎ」が代表ですが。テーマ(中国・インドの開場時間)や仕掛け方(14:30以降のラスト)によってもパターンがありそうです。
ある意味わかり易い部分も、トレンドを作るときは必要なことでもあるのでしょう。
また、トレンドを作ってくれるのは一部の大きな資金を動かすグロープの存在も否定できません。あるときは敵として、あるときは協力して、互いに牽制し合い、相場の緊張を保っています。
毎日、その相場を動かす資金が動くかどうかを待っています。 
ある時間まで待って今日は出動なしの判断すると反転しトレンドを作ります。
また1ロットの大きな資金も目安として注目されます。500枚超~1000枚クラス。それが出現すると、期待と警戒が走ります。続かない場合もあったり、警告と捕らえ反対売買が止まることもあります。

市場の参加者(プロ?)の中では、細かな兆候も合図として捕らえて、暗黙のルールの中で戦っている部分もありそうです。相場とは深くおもしろいものだとつくづく思います。憶測の部分も多く含まれるのでご注意ください。(つづく)

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
    いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひろさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

板の揃いの件ですが、5~6ティック(列)程度百枚の位が揃います。
滅多に出ませんが100枚台はスピード感もあります。200枚台も攻撃的、300枚台は微妙。
ある程度攻めた後に、板が厚くなります。揉み合い、反転のタイミング、薄い板のうちは反転は少ないように感じます。
その他攻めの板揃い以外でも奥のほうの板が薄いときもありますが「ここまではこれないだろう」といっているようです。その薄い板が厚くなりだすと危険を感じはじめたように感じます。
あくまで、観察した傾向値ですから、だましに使われることもあると思いますので注意も必要だと思います。

2007/09/17(月) 12:52 | URL | 青山樹 #-[ 編集]
こんにちは。
先日こちらのサイトを発見しました。
私は日経先物の初心者なので、とても勉強になります。
これからも宜しくお願いします。

「私の相場観 第二話」を拝見して目から鱗の思いがしました。
これからは、ボーっと板を眺めるのではなく
動きに作為がないか考えながら注視したいと思います。

さて、少々お伺いしたいのですが、
「トレンドをだして動くときには板はきれいにそろいます」とは
具体的にはどういう状況を言うのでしょうか。
私にはちょっと思い浮かばないので、教えていただければ幸いです。
2007/09/16(日) 20:16 | URL | ひろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/448-12256e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。