上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■今日の日経225先物の想定レンジ
17000円~16700円        NYダウ   13895.63  ▲17.31 
                    ナスダック     2701.50  ▲8.09
                    S&P     1526.75   ▲4.63          
                  CME日経先物    16765   ▲5
                  イブニングセッション  終値16770円(16810円~16760円)1467枚                   

 今日は寄付き前の注目は日銀短観と、外国証券経由の売買動向です。少しレベルはちがいますが。日銀短観は若干のマイナスが市場の予想のようです。多少のマイナスであれば折込済みで大きく売り込まれること少ないのではと思っています。また、外国証券経由の寄付き前注文動向は、先週木曜日に3000万株、金曜日に1000万株の買い越しと比較的買い越し傾向、買い越し数も比較的大きくなっています。それが続くかにも注目が集まるでしょう。ただ、逆利用されることも多いので、普段から過信せず、参考程度にはしています。
 あとは月末週のドレッシングと思われる部分がどれくらい上積みされているか、週末の下げで調整済みなのかも気になるところです。
 為替は114円台後半で推移しています。徐々にレンジ幅が縮小し、114円台後半にも日本の株式市場も抵抗力が出てきて大きなマイナス反応は少なくなっているようにも感じています。

 イブニングセッション16770円、CME16765円と若干一目均衡表の雲の中に入っています。まずは16780円(16800円)の雲攻防が想定されそうです。
16830円の通常取引の終値を上回ってくれば(寄付きでも超えてくる可能性も)17000円を目指す展開の可能性が高まるのではと思っています。雲の中で寄り付くと、意図的に引いての17000円割れない確認をしてからの再スタートの可能性と、そのまま雲内でのもみあい雲が上値抵抗で終日機能の可能性もでてきます。様子見が多く中々買いが入らない場合は16600円の先週抜いた戻り高値の節目での抵抗確認まで視野に入ります。ただ、可能性は少ないのではと思っています、よほど短観の数字が悪い場合くらいでしょうか。
 基本的にはとあまり安値でポジションを取らせてくれない動きの可能性のほうが高いのではと思っています。(短観次第で寄付きから16830円以上での寄付きの可能性。)
       
 今日は短観の数字に影響されるスタートの可能性が強く、このような大きな経済指標の日は、想定レンジも本来「日銀短観」を受けものではなく、また「日銀短観」を予想するものでもありません。あくまでも市場の事前予想に近いとの想定です。ブレた時には特に注意してください。(指標がブレ無くても、想定レンジ通りはいかないものですが) 

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
     土日の応援ありがとうございました。先週以上の応援を頂戴いたしました。
     今日から名実ともに下期相場入りとなります。
     気を引き締め頑張っていきましょう 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/515-3b80fa5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。