上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  17180円~17020円 
結   果   17250円~17040円 値幅210円
始   値   17130円
高   値   17250円 
安   値   17040円
終   値   17200円 △90円
トレード +60  10月累計 +180

 今日の日経225先物は長期移動平均75日、52週平均線を抜いて17200円台で引ける強い1日となりました。
 米国の急上昇後の落ち着いた展開からの安心感、アジア各国(特に香港)の大幅上昇後のこちらも安定感から、材料は無い中ながら日本もやっと重い腰を上げた感じです。
 前場は17130円と昨日高値を上回り強い始まりも継続的な買いは入らず、一旦下値を試してからの上昇となりました。安値は17040円と昨日の安値を下回らず、また、17040円タッチからの切り替えしも素早く、安心感が広がりました。その後前場は17100円タッチを繰り返すもみ合いが続きました。
 後場は、寄付きから前場終値比△40円、寄付き出来高も1860枚と勢いをつけての始まりで前場高値を抜き17200円手前で膠着となりました。買い待ちで17200円手前での小幅なもみあいが続き、節目の時間帯の14:00から、17200円台に上値を切上げその後は17200円台のもみ合いのまま17200円△90円で引けました。高値は17250円とちょうど100日移動平均線タッチとなりました。
 出来高も現物株21億9千万株、代金も2兆8千億と、3兆円には届かないものの膨らんでいます。特に後場に膨らみました。先物も8万6千枚ながら後場は5万3千枚出来ています。ある程度出来高がついてきた感じです。銀行・証券・海運・新興市場の上昇が特に目立ちます。後場のスタートはシンガポールが比較的大きく上げてのスタートでした。香港ハンセンが昨日3.3%の大幅上昇から寄付きは安く始まったものの、直ぐに戻してプラスの展開を好感した感じもしていました。
 今日の高値(17140円)を抜け、更に17150円を抜けたところでかなり安心感が広がった感じです。17150円は8月9日に若干開いていた窓。ここは2段下げのスタートの時に開いた窓でした。今日の終値17200円は、半値戻しに続いて、61.2%(黄金率)の戻しも達成したかたちになっています。全値戻しの手順を着実に踏んでいる感じです。
 この先は100日平均線・17250円、200日平均線17300円、8月9日の高値17280円、17380円の7月27日に開いている窓の下(窓の上は17670円)があります。メインは16380円~上に開いた窓埋めに注目が集まりそうです。新興市場も含めて、上昇してくると今度は乗り遅れ感も広がりそうです。今からまた17000円台(17100円割れ)の場面があったら参戦との気持ちも、中々参戦させてもらえず、乗り遅れの人が高値で参戦すると、一旦お休みのパターンもあるかもしれません。明日には欧州の金融政策、週末の米国雇用統計等のイベントを控えています。米国では上昇過程での出来高の少なさを指摘する声もあるようです。
 今の時間為替が116円台、昨日の米時間の値を上回っています。116.50抜いてくると流れが少し変るかも知れません。(そう思うのはまだ早いかな)
   人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
   毎日、応援ありがとうございます。
   今日もあと一息で20名の方の応援となりそうです。
   継続しての応援ほんとうにありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/533-12ad82c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。