上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■今日の日経225先物の想定レンジ
17180円~16950円        NYダウ   13974.74  △6.26 
                    ナスダック     2733.57  △4.14
                    S&P     1542.84   △3.25          
                  CME日経先物    17110   △35
                  イブニングセッション  終値17090円(17120円~17050円)2004枚
                                  (訂正安値17050円に訂正しました)
         外国証券経由寄付前注文動向 買2910万 売 4300万 差引き1390万売り(株数)              

 欧州・英国の金融政策は金利据え置きを決定(ECB4.00%、英国5.75%)、トルシエ総裁のコメントからは今後も利上げは休止の見方のようです。景気後退懸念とインフレの懸念両方に触れ、従来使われた、金融市場は緩和的の表現が使われず、そこに注目しているようです。欧州株は安く始まり上昇して終値はほぼ変らず近辺で終っています。米国は小幅上昇、雇用統計発表前に動きにくい状況のようです。CME日経先物も17110円△20円とほぼ変らずです。
 為替は116円台の小幅な動き、欧州の政策金利発表を受けても変化でずでした。
 米国はベアスターンズCEOが今後について楽観的なコメントがだされていました。比較的金融関連は今後の見通しについて楽観コメントが続いているように思います。CP(コマーシャルペーパー、企業の資金調達手段)の残高が8週間ぶりに増加、今後続くかわわりませんが変化の現れのようです。10月のFF金利利下げ折込は現状では70%のようです。ここえきて、リーマンは10月利下げなしの見通しのコメントを出しています。(次は12月)いろいろ駆け引きと思われるコメントが続くでしょう。

 今日の日経225先物は普通に考えると、3連休の週末、米国では雇用統計の発表を控え、積極的に買えない場面、ここまでの上昇幅もあり、昨日以上に手仕舞い売りが増えてもよさそうです。ただ、普通に考えると素直にならないのも相場。今日も安値での買い方の出動があるかどうかでしょう。安値からの切り替えし期待も想定できそうですが、それも想定し易いところです。9月の3連休前は2回とも陽線です。
今日は17000円の攻防もありかなと思っています。買いの出動タイミング次第、すんなり17000円タッチか、手前で出るのか、14:00過ぎの時間で出るのかによっても展開は違いそうです。買い待ちで買い来ずのジリ下げパターンもあるかも知れません。今晩の米国に過度な不安があれば下押しも可能性も演出できそうです。最後まで買いが出ない可能性も少し視野にいれておきたいところです。

 今日は寄付き前外国証券は1390万の売り越しとなっています。マインドを更に押し下げる要因ですが、意外と逆な動きのパターンもあり参考にはしていません。今日は買い方のタイミング次第、(出るか・でないかも含め)の展開と思っています。 
   
  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
     応援大変ありがとうございます。 
     昨日は過去最高の応援をいただきました。
     大変喜び、感謝しております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/543-5908f4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。