上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の日経225先物の結果
17120円~17060円 値幅60円 終値17100円△10円
                日経平均株価指数17063円▲28円 
 
 前場の日経225先物は値幅60円の小動き、出来高も現物株7億2千万株、日経先物も3万1千枚と共にかなり少ない水準となっています。
17120円~17070円をベースにもみあい、その水準は75日平均17070円、52週平均17110円とちょうど一致し今日無理にこの目安の水準を離れる必要なしとも思える膠着感です。
昨日の17070円の安値を割り込むも特別一気の押しもなく、淡々ともみあいを消化しています。
出来高の少なさは、積極的に買い難い状況のなかで、手仕舞い売りが出てこないのことを出来高の少なさが表しているようです。
 為替は116円中盤の小動き、アジアはまちまち韓国、台湾が少し下落方向。香港ハンセンは昨日大幅安から、今日は高く寄りついています。ハンセンの勢いも市場で気にしているような感じもしています。寄付き後の動きも注意したいです。
 後場は前場の雰囲気(板の)を見ていると上下大きく抜ける感じは受けず、前場同様のもみあいで若干ブレイクしても30円程度で値幅も100円以内で終る可能性が高い印象でした。
 昨日は後場寄付きから前場を離れて高く寄付き下落、一昨日は同じく高く寄り付いて」そのまま上昇しています。さて今日は?寄付きは慎重に見極めたいです。
 このまま、売りが出ずのもみ合い、又は上昇となると、米国雇用統計はあるにせよ、今後の先高感の印象を強くしそうです。

 米国雇用統計はブレの多い数字、今回は10万人前後の増加を見込んでいるようですが、よくても、悪くても、解釈によって株価は上下どちらにも反応できそうです。場合によっては、大きな資金を動かしてるチームは、ある程度のストーリーは作っての動きをしているかも知れません。そのヒントが今日の後場先行して日本市場で披露されることもひょっとしたらあるのでは?もし大きく動くことがあればそんなことも考えてしまいます。最近の為替、米国株の小動き・嵐の前の静けさ。(完全な余分な憶測です。)

 基本は100円幅以内のもみあい想定も、前場出来高少ない分、後場に一変する可能性もあり急な変化には警戒して臨みたいところです。

   人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
    先ほど人気ブログランキング初のベスト10にタッチできました。
     (今の時間も維持しているかはわかりませんが)
    ブログ村のほうも6位と最高位の5位が目の前となりました。
    感激です。これも皆様の応援のおかげと深く感謝の次第です。
    ほんとうにありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/545-49e8d946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。