上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■先週の日経225先物の結果(10月1日~)
想定レンジ 17200円~16600円
結   果   17250円~16820円 値幅430円
始   値   16840円
高   値   17250円 
安   値   16820円
終   値   17150円 △320円(通常時間終値17130円△300円)

 先週は値幅430円と7月の第3週以来の値幅500円割れと、小動きの週となりました。また週間騰落では、4週連続の上昇、上昇幅の300円~400円とほぼ同値幅で上昇しています。週間の連続陽線は、昨年来では(2006年1月以降)2006年2月第2週からの5週連続(その間の上昇幅1410円)、2006年12月第1週からの5週連続(1510円)、今年6月第3週からの5週連続(220円)と5週連続が最高で3日回、4週連続はなく、3週連続が1回でした。今回の4週間での上昇は1570円と過去連続上昇期間の値幅に達しています。今週・来週のうちに調整があってもおかしくない状況です。

 月曜日の米国の大幅上昇、史上最高値更新を受けて、火曜日から17000円台レンジを切り上げその後は17100円台のもみ合い展開に終始しました。米国も含めて後半は週末発表される雇用統計待ちの様子見ムードも多く小動きの展開でした。週末にかけては3連休前とここまでの上昇から利益確定の売りが優勢になってもよさそうなところを、17100円台を維持し、先高観を感じさました。
 経済指標では1日に日銀短観が発表になり、前回比マイナス予想が、変らずの結果で予想よりよい結果でしたが、先行き見通しがマイナスで相殺された結果です。米国では住宅関連指標その他悪化が続き、予想を下回るものが多い中、悪材料への反応は目立ってなく、次回の利下げ期待が吸収している感じでした。週末注目の雇用統計が発表になり11万増、8月も8万9千人増に修正(4000人減から)されました。10月利下げ見送りの可能性も出た中でも株価は上昇しザラ場での高値更新をしました。欧州・英国も金融政策金利を据え置きとしました。ECBトルシエ総裁のコメントでは、金融政策は緩和的の文言が無くなり、当面の金利据え置き(利上げの凍結)と受け止められているようです。
 為替は米国最高値更新と共に円安方向に若干軸足を移し115.36~117.27、週後半は116円台中心のもみ合いで週末雇用統計発表後は117円台に入りました。
 世界の主要株価指数は、米国は3指数ともザラ場での最高値更新、ナスダックは終値ベースでも更新。欧州は戻り高値更新中で週末高値で引けています。アジアは香港・韓国・シンガポール・インドは最高値更新、台湾は高値目の前、ブラジル、ロシアも高値更新。世界は順調そのものです。
 原油は高値圏80ドル台のもみ合い、CRB商品指数は9月27日336.71Pから一旦下落、金は高値もみ合いとなりました。

 週末の私のコメントでも雇用統計はブレ易い指標で、結果よくても、悪くて解釈次第で上下どちらにで反応できそうで、大きな資金はある程度のストーリーを作っての動きをしている可能性もとコメントしました。
 雇用統計は11万と予想を上回り、8月分も前回の減から8万9千の増に修正、利下げ期待で買われた相場なら、マイナスに働きそうな内容でしたが上昇しました。結果がどうあれ解釈の仕方を利用して、上昇が前提たったような感じすらします。(悪くても利下げ期待が確信へで上昇)
週末の日経先物も大証時間に入って上昇、イブニングに入っても上昇し、日経平均株価指数との順ザヤも△85円とかなりなものになっています。米国上昇を見越した動きとも思える動きです。ある意味確信犯の可能性ももあったかも知れません。 

**今週の相場観・今週の想定レンジは別途掲載します。
  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物

  連日の応援ありがとうございます。
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/549-559c32be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。