上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  17380円~17200円 
結   果   17530円~17190円 値幅340円
始   値   17240円
高   値   17530円 
安   値   17190円
終   値   17530円 △330円
トレード +230  10月累計 +530

 今日の日経225先物は△330円の大幅上昇となりました。SQ前日、日銀金融政策決定会合の通過、そしてムーディーズのよる日本国債の格付けの格上げの発表がありました。
急上昇は後場12:40分のスタートです。まずはシンガポールSGXが高く始まり、寄付きから日本も高く前場日△20円、寄付き出来高1560枚と出来高ともなっての上値トライで10分間揉み合いの後一気に上離れ、その後僅か13分の間に30000枚の出来高です。17200円台から17400円台後半まで200円を10分強の間の出来事でした。
 後場寄り付き直後から17300円、17310円2ティックの1000枚を超える板、1500枚程度あった記憶です。大きくブレイクする踏み台となりやすい板形状です。(もちろん踏みとどまるケースもありますが)ここ3日間にはない抵抗の仕方でした。逆に上値抜けの可能性を感じさせる場面でした。
 急上昇の1番の要因は国債格付けの格上げ要因とは思いますが、市場はどの段階で情報を入手し動いたのでしょうか。例によってネットニュースではブルームバーグが13:13 他も13時後半から14時頃でした。日銀の金融政策の結果が伝わってきたのも13:30前後でした。
ムーディーズの発表のタイミングも偶然とは思いますが、SQ前日、日銀金融政策決定会合の発表とあわせての日本時間。よすぎるタイミングです。事前に情報を持っている人がいてもおかしくない気がします。
 同じ急上昇でもきょうのようなパターンはかなり珍しいほうだと思います。10分間ノンストップでのレンジを200円切り上げ。ギャップアップにも近い上昇です。確かに17380円から17670円は窓が開いた空白地帯ですから抜けると早いのは皆承知していたと思いますが。300円以上の上昇の時は途中で一旦小休止(利益確定を)はさみながらの上昇パターンも、今日のは計画されたのごとく、迷いもなくでした。この速さが中途半端に利益確定や、逆張りをしなくて済んだ方も多かったと思います。途中で止まれば迷いもでるところです。そういう意味で、17380円をある程度一気に抜けてくれたのはわかりやすかったかも知れません。

 今日の出来高は現物株20億8千株、代金3兆円。3兆円超えはSQ除けば8月20日以来のことと盛り上がりました。先物も12万3千枚と後場だけで8万枚できた計算です。
アジアも全面高上げ幅は今日は日本市場のほうが大きくなっています。為替は117円06~117.36と後場若干程度の円安。CME米国は徐々に上昇でした。
 
 明日はオプションSQ当日です。比較的オプションSQの場合はメジャーSQと違って朝もそれほど荒れないケースが多い傾向のように思っていますが、今晩の米国次第で17500円の攻防の場合は綱引きがありそうです。
長期移動平均は一気に抜き去り、今度は下値でのサポートポイントに一般的には変わります。200日平均17310円、その前には17380円の一旦抜いた窓の下値がサポートになりやすいところです。100日移動は横ばいに近くなり、200日は僅かながら上向きが続いています。上値には17670円の開いていた窓の上値が当面の目安になりそうです。
 今日は現物株の出来高も伴っての上昇なのでSQ目的だけの上昇ではないとは思いますが、急上昇だけに明日以降落ち着けば少し利益確定等もで易くなる可能性もあります。また急速な出遅れ修正の動きの可能性も否定できずSQ通過後の動きに注目です。

    人気blogランキングへ  
    ブログ村 日経225先物
     応援いつもありがとうございます。
     引き続きご支援いただけけるよう頑張ってまいります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/573-29844522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。