上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の想定レンジ
17580円~17400円        NYダウ   14093.08  △77.96 
                    ナスダック     2805.68  △33.48
                    S&P     1561.80   △7.39          
                  CME日経先物    17510   △160
                  イブニングセッション  終値17350円(17380円~17320円)1418枚
                  外国証券経由寄付き前注文動向
                           買 2820万 売 3340万 差引き 520万売り(株数)
                      
 今日の日経225先物は17500円をはさんでのもみあいを想定しています。CME日経先物は17510円と17500円に乗せています。17500円レベルでは、まだ強気・弱気が交錯する状況が続きことが予想されます。週末要因もあってですが17500円から引きずり下ろされ不安感もあり、上値が重いと逃げ足も速くなる可能性もありそうです。
下値は17490円の週末高値、17450円のSQ値、17400円(100円切りの節目)17320円200日平均等が考えられます。
上値は17510円のCME日経先物値、17530円の11日の終値、17600円の11日地夕場高値、17670円の開いている窓の上などです。
今日は「みんなの相場観」は高値ながら大きく強気に傾いています。予想ではみんなの相場観もう少し弱めかなと考えていました。市場全体に強気意識がかなり広がっていつのかも知れません。
強いパターンでは下値17480円で上値は直近高値17600円タッチ又は若干の上抜けの可能性も感じさせます。
 今週は米国企業の決算に注目が集まります。事前予想はドンドン下がり7-9月は1%のマイナス予想となっています。少しバーが下がってのスタートですから、判断は先の見通しになりそうです。金融関連は事前の業績修正で先の見通しは強気の発表をしていましたから、よい可能性はありそうです。
 あとは中国の預金準備率引き上げ(25日~)に反応するかです。最初の世界株安のきっかけで中国の金融引き締めからの株の大幅下落以降は金融引き締め後は多少の下落があっても直ぐに上昇に転じ、それが安心感で金融引き締めでも反応しなくなっています。今回の13%がどの程度の水準かわかりませんが、どこかでは効き目が出てくることもあると思いますので、過信することなく、注目だけはしたいところです。中国株式市場はは基本的に外国資金が直接的には入っているわけではないので外の市場への影響はないのですが、連鎖の可能性はいつも含んでいると思います。中国上海開場は10:30頃です。
 米国企業決算、(場合によっては中国市場の今日の反応の確認に開場まで)の様子見気分にもなりやすい面もあります。あとは大きな資金が何処で動くかです。今日朝から17500円維持に動くのか、一旦17500円での戻り売り消化をこなして後場から動くのか、もう1回200日平均を確認してから動くのか。やはり月曜の午前中は新しい動きへの警戒もあり難しいところです。            

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
     応援大変ありがとうございます。 
     今週もべスト10からのスタートをさせていただくことができました
     今週もいい週となりますように、頑張りましょう。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/588-54e709da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。