上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の日経225先物の結果
17470円~17380円 値幅90円 終値17390円 △40円

 前場の日経225先物は弱含みのもみあい展開、10:00までは17450円のSQ値を挟んで、10:00以降は17450円のSQ値を上値に17400円のもみ合いが続きました。10:40過ぎには抵抗していた17400円を割れ17380円の安値をつけましたが、下げを加速するには至りませんでした。
 出来高現物株7億6千万株、先物3万1千枚と様子見を反映してか少なくなっています。為替は117円69-55と小幅、CME米国も今の時間はほんの小幅安。
 アジアは韓国・シンガポール・台湾と上昇で寄り付いたあと下落に転じていました。注目の中国上海は上昇して始まりましたがその後下落し、今はまた上昇しています。他のアジアも下落からは一旦の反発を見せています。香港ハンセンも上昇の始まりです。

 今日は10:30分の中国上海待ちかなと思いその近辺の動きを注目していましたが、前場は大きな動きにはなりませんでした。10:40の下げは、手仕舞いか、上海は上昇して寄り付いたあとに下落していましたのでその辺の反応かなとも見ていましたが、上海もまた上昇と今のところは金融引き締め策に大きな反応は無さそうです。
 後場は通常の月曜日の流れでは、今日のような前場の弱いもみあいが続いた場合は、後場拡張して下落のパターンが多い感じがしていますが、終値17390円下は、17340円通常取引時間の終値(夕場17350円)、200日移動平均の17320円があり週末でもある程度の抵抗を見せていたので、比較的堅いとは思っています。ただ、17400円を割ってきていますので200日をもう一度試しにくる可能性もあるかもしれませんので注意も必要です。戻りの場面でも17450円のSQ値をある程度抜けてこないと安心感には繋がりません。
 今のところの状況では弱含みのままですが、アジアが後場寄り前までに安定していれば、反転上昇の可能性もあるのではと想定しています。(少し下値確認はあるかも知れませんが)
前場の板の状況のままでは、中々抜ける感じではありませんでしたので、板の変化があるかも注目しておきたいところです。
基本的には大きな資金できっかけがあれば上昇の可能性は、今はある程度いつも持っていると思います。アジアが大きく下げないうちは、日本単独でアジアを引っ張る下げの可能性のほうが少ないのではと思っています。逆に日本は、アジアがいつ調整に入るか気になっているのではと思います。(もちろんアジアも単独要因よりは米国動向に影響を受けの可能性が大ですが)ですからアジアの変化を最近は注目しています。
 前場の先物は様子見にしてもかなり出来高少ないので、後場一気の可能性も否定できず注意したいです。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
     応援大変ありがとうございます。 
     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本日は早々に手仕舞いました。
長々やってると、マイナスになりそうな展開ですので・・・
明日以降に期待します。
2007/10/15(月) 14:12 | URL | 資産家さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/590-70ea9702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。