上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  17340円~17130円 
結   果   17320円~17130円 値幅190円
始   値   17280円
高   値   17320円 
安   値   17130円
終   値   17130円 ▲300円
トレード -60  10月累計 +560

 今日の日経225先物は前日比▲300円安、当日騰落も▲150円安の弱い1日となりました。2日間持ち合いが続いていましたが、下に離れたかたちで、100日移動平均、11日の安値17190円も割れ、52週平均の17130円で止まった形です。
前場寄付きもCME比▲40円安の弱い始まりで、高値は17320円もCME、200日平均となり、そこから、17140円まではほぼ一本調子での下げとなりました。前場は17200円を回復して引け、後場寄付きも、シンガポールSGXが高いのと、昼のバスケット取引が買い優勢もあって、前場比△40円、寄付き出来高1900枚と強い始まりでしたが、寄付きのみでその後は前場安値の17140円までは前場と同様の下げとなりました。14:00以降は17100円台後半のもみあいに終始し、大引けで17130円の今日の最安値となりました。前場同様に17140円近辺で売りも止まり更なる押しにはなりませんでした。
 出来高は現物株19億1千万株、代金2兆6千億と最近の平均の出来高、先物は10万8千枚と10万枚にのっています。
為替は117.17~45と小幅、CMEは小安く、アジアはまちまちとなっています。
 後場の寄付き高値は仕掛けれれたのか、偶然なのか、まずはシンガポールSGXのの急上昇の始まりが一因と思われますが、そのちょうど同じ頃に、香港ハンセンが、安い始まりから一気に急上昇していましたが、SGXが始まって間もなく今度は急落していました。時間はSGX後場開始~日本市場の後場開始くらいの間に急反落でした。昼のバスケット買い観測も含めて「少しやられたかな」の印象です。
 今日の後場13:00過ぎからの売り板はほぼ終日に渡り薄く、買い方不在を確信するかの状況が続いていました。200枚~300枚の板が徐々に増えていきました。この状況ではほとんど買いあがっては行きません。かといって、売り方も、激しく売ってくるわけでもなく徐々に下げたかたちです。比較的珍しいパターン攻め方でした。
 
 後場は少し強気のコメントから結果として寄付き後一方向の下落と、参考にされた方にはご迷惑をお掛けしました。すみませんでした。
前場の売方の雰囲気と寄付き前のハンセンの反転上昇とSGXの急上昇に寄ったコメントとなってしました。ただ、後場寄付き出来高を伴っての前場終値から離れるケースは本来勝率はいいので今後も怯まずに行きたいと思います。

明日以降も今晩の米国次第と思われます。チャート上は少し弱気に傾く感じです。11日の安値を切り下げたことで、少し下値確認の動きに傾き、17000円の節目(近辺に少し開いている小窓)、再度一目均衡表の雲の上や、抜けてきた下落トレンドライン等(ともに16800円近辺)視野に入ります。どちらにしても、今晩か明日の朝発表の米国企業決算発表に大きく影響されそうです。
    人気blogランキングへ  
    ブログ村 日経225先物
  いつも応援ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/599-b75380d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FXトレードマスターとは?さてここで、FXトレードマスターを開発したある人物を紹介します。彼の名は「シンちゃん」どこにでもいる普通のサラリーマンです。 しかし、投資が大好き! 5年前に株を始めたのを皮切りに
2007/10/16(火) 20:18:14 | 勝ち続ける投資情報 - 株式、FX、不動産、日経225、投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。