上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の結果
18220円~18080円 値幅140円 終値18100円 ▲120円
トレード -20 6月累計 +230

前営業日(金曜日)の値幅の範囲での揉みあい相場でした。
9日ぶりの陰線で引け、前日騰落では2日連続の小幅下落でした。
CMEが175円安と大幅にさげて戻ったものの、寄り付きは買い先行の始まりで、18100円キープの揉みあいの前場から、後場は寄付き後から上値トライの上昇、トレンドを感じる上げにはならず、18200円は抜くも、前営業日の終値18220円を抜けきれず反落となる。引け近くで18100円割れの瞬間もあり、終値は18100円台で引るも、上ヒゲを引いた陰線(値幅が小さいので多少弱含みのニュートラル)で終了。
今週の株主総会ピーク高、6月末決算対策高の先高による買い、と米国安に対する不安で買い・売りともトレンドは出せずの展開でした。

今日の相場を「強い」と見るのか、「弱い」と見るのか判断も分かれるところでしょう。前日終値近辺までの上昇もあった中で、騰落数で見ると値上り325、値下り1323とほぼ前面安でした。心配された、騰落レシオも112%(25日)まで下がり一服感で加熱解消に一役です。
出来高は先物は97700枚とまずまずも、現物は低い出来高(19億8千万株)でした。先週つけなかった18100円割れをつけました。
テクニカル指標はストキャストは反転を示唆、MACDも明日の値によっては転換サイン(先行用のオリジナルの設定)の可能性があります。
オプション状況は明日にならないと建て玉変化がわからないのですが、今日の価格帯別出来高だけで見ると、プット(売りのほうがかなり盛り上がってそうです。ただ手仕舞いで膨らむケースもあるので建玉変化で毎日確認しています。)
明日も今のところやや弱含みのニュートラルのスタンスです。
(弱含みといっても明日の展望の話で、基本のトレンドはトレンドラインで確認されているのは上昇がベースです。)

最近の値幅のなさや、1日の中でトレンドが出ない展開では、トレンドフォロータイプのトレードや、レンジブレイク手法のトレードタイプの方はかなり苦労しているのではないでしょうか。
サインが出ては反転、ブレイクしたと思ったら反転。
システムトレードはそのシステムで相場環境によって合う・会わない。得て不得手があると思います。システムをベースにしながらも、相場観を磨き人の裁量を加えより強いものなればと思っています。(私の相場観に多少コメント)

F2ブログランキング
日経先物ランキング





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/61-e213d2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。