上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の想定レンジ
16700円~16450円        NYダウ   13566  △44 
                    ナスダック     2753  △28
                    S&P     1506   △5          
                  CME日経先物    16510  △130
                  イブニングセッション  終値16380円(16480円~16370円)2848枚
                  外国証券経由寄付き前注文動向
                           買 3150万 売 3250万 差引き 100売り(株数)
 米国市場は3指数上昇となりました。週末の下げ幅に対しての戻りで見ると物足りないものの、ダウを見ると、13400ドル手前まで下落してからの戻しでそこからの上昇は高値まで180ドル、後半も一旦13500ドルを確認してからの上昇で引けています。後半の上昇は引け後に控えたアップルの決算期待の上昇のようです。引け後発表された決算は好調で予想を上回り、アップルの株価は時間外で大幅高になっているようです。テキサクインスツルメンツは先行きに失望で下落しているようです。
 為替は昨日開けた窓を埋める形で円安方向に少し戻っています。原油価格は続落、株価には少し好影響だったようです。
 今日は材料的には少なく、米国の企業決算とグリーンスパーン元FRB議長の講演があるようですから、何か取り上げられるコメントが出るかです。
                
 今日の日経225先物はまずは戻りを試す展開を想定しています。
上値は16600円の100円節目、16650円の埋めてきた窓の上値、16660円一目均衡表の基準線、現状下落時に開けてきた窓の上値16730円、一目均衡表の雲の上限16780円等、その間に先日までのダウントレンドラインのメイン・サブ(オリジナル)が走っています。
 今日は米国アップルの時間外の上昇要因もあって、今の時間CME米国が高くなっています。円も昨日あけた窓を埋めたことで円安を試す方向に動く可能性もありそうです。昨日とはあさの段階では少し逆の感じです。寄付きから離れて高くなる可能性もあるかも知れません。
 米国の昨日の後半の上昇はアップルの好決算期待のハイテク上昇が支えだったとすると、その後が若干の心配が残りますが、反転も節目からの反転のようで米国も戻りを試す展開の可能性はありそうです。
 今日も出来高に注目したいと思いますが、昨日の500円を超える下落でも盛り上げっていませんでしたので、あまり期待は出来なさそうです。現物の出来高が増えない中での上昇の場合は今後も先物による上下はありそうです。

   人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
     いつも応援大変ありがとうございます。 
     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/633-3ab9eb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/10/23(火) 13:44:44 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。