上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の日経225先物の結果
16600円~16510円 値幅90円 終値16570円 △50

 前場の日経225先物は値幅90円の16550円を中心としたもみあい展開でした。10:40分過ぎには、昨日高値・CME値の16580円を抜け16600円にタッチしましたが、そのままブレイクはせず16570円のレンジ内で引けました。
 出来高現物株7億8千株、先物は4万2千枚と昨日に較べると多くなっいますが、平均レベルをこえるほどでもなく盛り上がっているレベルではありません。
 為替は114円後半で小動き、CME米国は安のまま朝から変らず、アジアは今日も今のところは1%を超える上昇です。
 ここまでところは、16500円を割らずに値固めをしながら上を睨んでいる感じですが、10:40からのブレイク、16590円の歩み値に不思議を感じました。後場上昇期待の先取りでの上昇なのか、意外と中途半端なブレイク感じです。また16590円の歩み値のでき高がほとんどありませんでした。合計でも300枚前後でほとんどが小口です。16560円、16580円で300枚強のロットが少し弾みをつけた程度でした。

 後場はこの中途半端なブレイクの意味が何かの役割を果たすのでしょうか。後場上昇のための布石か、前日上値を上回り一旦今日の役割を終えて静観になるのか、注目です。
 アジアは相変わらずの勢いで上昇の中、日本市場は上昇はしているものの物足りなさ、フラストレーションを感じる展開です。
CME米国安で思い切って買いにくい、アジア高の中日本だけが大幅安になるほど売られることも考えにくい結局もみあいのままの可能性が高そうです。
 今日比較的大きく上昇し買われているセクターはその他製品(任天堂)、卸売り(商社)海運、鉄の従来の相場牽引のメンバーです。(+不動産)
いづれも昨日までは軟調でした。単なる買戻しだけでなく、決算期待の買いが入り始めて、改めて動き出したとすると全体への波及で上昇の可能性も期待できそうです。
 再度の上値トライも期待していますが、16600円を抜ききらず、後場改めてCME米国安を材料に反転下落の動きも警戒は怠らずにいたいと思います。
CMEは昨日とは逆に下げての始まりです。

     人気blogランキングへ  
    ブログ村 日経225先物
  いつも応援ありがとうございます
  前場の投稿は遅れてすみませんでした。また下書き保存のままでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
青山樹 様
ブレイクの時間帯まで気にかけるとは、
私も見習いたいと思います。
来週も宜しくお願いします。
2007/10/27(土) 01:48 | URL | ひろ #-[ 編集]
ひろさん
返信が遅くなりすみません。
コメントで書いた以上ののことはあまりありませんが、大きな節目を本気で抜けるには、時間が中途半端、中途半端な時間のブレイクは反転の可能性が比較的多いと感じています。(ブレイクではなく、下値からの反転等はよくありますが)16600円トライ(16580円ブレイク)はこの日の場合は比較的意味のある大きなトライをこの中途半端な時間に仕掛けるのが珍しい。後は書いたように、ブレイクしてからほとんど戦った後がないこと。何のためのブレイクだったか不思議というところです。
結果は前日を包み込んだ弱気を印象付ける日足となりました。(意図的か・偶然かはわかりませんが。) 
2007/10/25(木) 23:21 | URL | 青山樹 #-[ 編集]
青山樹 様
こんにちは。いつも解説ありがとうございます。

>10:40からのブレイク、16590円の歩み値に不思議を感じました。

青山樹さんの嗅覚は見事です。
私には理解できなかったので、どんな様相だったのか
少し具体的に解説して頂けないでしょうか。
2007/10/25(木) 00:26 | URL | ひろ #-[ 編集]
後場の展開は、仰るとおりでした。
私は、前場のみで終了しましたので、後場の下落の流れに乗ることは出来ず、儲け損ねました。
(^_^;)
2007/10/24(水) 15:26 | URL | 資産家さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/642-51fbdae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/10/24(水) 16:31:48 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。