上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の日経225先物の結果
16690円~16570円 値幅120円 終値16590円 ▲150円

 前場の日経225先物は寄付きから弱く16640円CME日経先物比▲115円
と100円以上の下げからのスタートとなりました。
SGXが16725円で寄り付いた後、日本市場が始まる5分前から急落、日本の気配値が先か、SGXが先かはわかりませんが、寄付き直前の一気の気配値下げからの寄付きでした。(武田売りとのパックのSGXからの仕掛けか?)
一旦は買いが入りましたが、16700円タッチできずに、16600円前半のもみあいから、10:30過ぎには16600円台を割り16570円の安値を付けました。
 寄付き前の経済指標は、家計調査は個人支出は2ヶ月連続の増、完全失業率はこちらは2ヶ月連続の悪化でした。この辺が影響したのかはわかラ無いところです。下げの牽引役は武田薬品がストップ安まで売られ(前引は▲11.7%安)、指数への影響も大きくなっています。
また、電子版のウォリストリートジャーナルはFOMC利下げに関して、0.25%と据え置きとを検討、0.5%は検討対象にはならないとの観測報道。
かなりの0.25%利下げを織り込んだ市場には不安感が持ち上がる内容です。ただ、これで0.25%利下げがあったときの効果は少し高まった、0.25%で折込済み、又は失望からの急落シナリオを少し緩和したかたちにもなるかも知れません。
とりあえず日本時間としては、今日強気にはなりにくい材料の一つとなっているかもしれません。
 出来高は現物株8億5千万と直近より増えています。先物は3万9千枚と少なく、現物主導の動き(節目で大口のロットは若干入っていましたが)。CMEglobex米国は安く推移、アジアは今日は安くなっています。一旦の下げからは少し戻したようなもみあい状態です。
 今日は想定レンジとは真逆の展開となっています。想定の下値にも、今日の上値が届かず、16600円割れとなりました。またしても未熟者です。
 後場は場中に新日鉄の決算があります。その当りがきっかけにどちらかに動きが出る可能性もあり注目しています。
現状は昨日開けてきた窓を閉めたかたちですから、若干弱気に傾き易いところです。ただ、ある程度の利益確定売りを消化した後の再度の買いが入ることも期待しています。新日鉄の決算発表後、もし売り優勢になった場合はその後の動きも反転があるか注意してみていたいと思います。
SGXは今度は高く始まっています。
     人気blogランキングへ  
    ブログ村 日経225先物
  いつも応援ありがとうございます
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/675-14672aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。