上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の想定レンジ
16750円~16500円        NYダウ   13567  ▲362 
                    ナスダック     2794  ▲64
                    S&P     1508   ▲40          
                  CME日経先物    16540  ▲310
                  イブニングセッション  終値16850円(16910円~16840円)2344枚
                  外国証券経由寄付き前注文動向
                           買 4810万 売 5630万 差引き 820万売り(株数)
 米国市場はダウ▲362ドル安の大幅安今年4番目の下げ幅となりました。CME日経先物は16540円と▲310円安となっています。
米国の下げは、要因が多数重なっていますが、注目は金融セクターへの投資判断引下げ、シティG、バンクオブアメリカ、などが引下げられ、CIBC、クレディスイス、モルガンSなどのよるものです。その他ISM景況指数が低下で予想を下回りました。エクソンの決算が失望となりほぼ全面安のようです。
原油も、時間外で96ドル台をつけたあと、今日は93ドル台と昨日の終値を下回る下落となっています。
株安を受けて、為替も円高方向に動いています。

 今回もアナリストの投資判断が相場を動かしています。昨日のFOMC通過を待っての複数社からの投資判断引下げです。偶然もあるかも知れませんが、いつもタイミングを計って飛び出してくる感があります。
今日は米国では雇用統計も発表になります。

 今日は週末で、今晩は米国の雇用統計、昨日の米国の大幅の下げのあとの動向も気になれば積極的な買いも入りにくいところです。
ただ、ここ何日間かの買いの意欲が上を目指しているものであれば、下値では買いが入ってもよさそうです。
下値には16500円、16400円にメイント・サブ(自分なり)のトレンドラインのサポートラインがあります。上値にも同様に16690円と16620円の抵抗があり、昨日は完全に上抜けしたところでした。今日はその中心に戻っての再度のスタートになります。
 展開としてはCMEサヤ寄せ後はどちらが先きに動くかです。一旦戻りをためさせてからその強さを判断して改めて売りが出てくるのか、再度16500円を割ってトレンドの再下点まで行くのか。戻り鈍く、弱いと見れば予想の上の売りが来るのもしばしはで警戒は必要ですが、今日は16600円台中心の展開ではと思っています。上値は5日平均が16700円にあり、今日は16500円以上で5日平均も上昇継続、16500円を割ると下落になります。(正確には16480円が基準)
  
 人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
     いつも応援大変ありがとうございます。 
     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/695-301c1071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。