上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の日経225先物の結果
16450円~16360円 値幅90円 終値16390円 ▲70円

 前場の日経225先物は、16500円を割り16400円を挟んでの値幅90円の小幅もみあい展開となっています。
寄付きから弱く、16440円とCME日経平均先物比▲70円と離れ今日の高値は16450円と前営業日の終値、通常取引の14690円、夕場16460円ともに上回ることの無い状況でした。
ここまでのところは、買い手が出ない中でのジリ安展開、先物には大きな動きもなく、16400円割れのところで大きく下落するならもう少し動きがあってもよさそうでした。前場引けにかけては安値切り下げ16360円を付け、16390円の16400円割れでの引けとなりました。
 出来高は現物株8億1千万株と直近に較べては少なくなっています。また、日経先物も3万6千枚と動きのなさを反映して少なくなっています。
 為替は114円43-73と114円の中盤、アジアは安く推移しています。CMEglobex米国は寄付きから安く、日本市場が寄り付いてから徐々に下げ幅を拡大し、嫌な雰囲気でした。その後は若干戻しています。
 セクターでは鉱業、空運が少し上昇している以外はほぼ変らず近辺が7業種で、他は下落で1000社以上の下落となっています。目だっての下落は卸(商社)、海運、鉄鋼・非鉄・金属と先日改正建築基準法の緩和措置報道で急伸した建設がトップの下げ幅となっています。
 後場は下値警戒は続きそうです。16350円前後で攻防がありそうですが、均衡表の16330円(日経平均で16312円)その下は直近安値の16210円(日経平均で16199円)が意識されそうです。
 ただ、アジアの動向次第の面はあると思いますが、今日のところは、下値切り下げも一旦は雲の前後では反転してのもみ合いになるのではと思っています。月曜日は流れが出来ると大きくなる可能性を持っていますから警戒感はもっていたいと思います。

アジアが少し下げが広がっている感じで注意のスタートとなりそうです。SGXも下げてのスタートのようです。
     人気blogランキングへ  
    ブログ村 日経225先物
  いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/707-8ca95510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/11/05(月) 12:44:07 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。