上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  16300円~16100円 
結   果   16360円~16150円 値幅210円
始   値   16150円
高   値   16360円 
安   値   16150円
終   値   16270円 △100円
トレード +70  11月累計 +70

 今日の日経225先物は寄付きからは△120円、夕場終値からは△100円の上昇も、通常取引ベースの終値では▲30円のマイナスとなりました。
寄付きはCME日経先物比▲55円安と安い寄付きから寄付き直後から一気の上昇で16300円手前の揉み合いとなりました。寄付き前は外国証券経由の注文動向が、3000万株を超える最近ない大幅な売り越しの影響もあっての寄付きの安さだったと思われます。寄付きからの上昇はほぼもみあうこともなく、予定の行動のような上昇でした。もみあいのあと10:40過ぎには16300円を上抜けし高値16360円をつけ16340円で引けました。
後場は前場終わりの水準でもみ合いが続き、13:30分からはレンジをやや下げたもみ合いで、14:30過ぎは16300円をわったもみ合いとなり16300円割れの16270円で引けました。
 
 出来高は現物株19億7千万株代金2兆6千億とほば昨日並みのすいじゅんでした。先物は10万8千枚となっています。
為替は114円台の動き、CMEglobex米国は小幅高、アジアは小幅にまちまちといったところです。

後場は前場高値圏でのもみ合いからのジリ安展開でやや押し返されたかんじです。アジアに特別な反応もなくの展開になりました。香港ハンセンは1%の上昇から、前日終値割れに下落、その後は小幅上昇に留まり、昨日の1500P安をほとんど埋めていない状況です。インドは上昇して始まりましたが、その後下落し今の時間は前日終値近辺にあります。

後場の下げはソフトバンクの影響も指摘されています。
後場、前場高値圏から、寄付き直後から日経先物に先行して急速な下げになっていました。高値から安値までの下落は9%になります。日経平均へのマイナス寄与も▲21円程度1社であったようです。今日香港上場のアリババ株の期待からか先行して買われ続け、9月26日からの上昇は40%を超えていました。香港上場で材料出尽くしからか、昨日、今日で高値から13%の下落となっています。また今日はソフトバンクの決算発表日でもありました。
 その他セクターでは海運・鉄鋼が買われ、(その他金融も上昇)ています。
 今日の後場の展開あたりに今の日本市場の弱さを感じるところです。陽線では引けましたが、今後も弱い含みの展開を連想させる展開です。
 
     人気blogランキングへ  
    ブログ村 日経225先物
   いつも応援ありがとうございます。
       
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一応は寄りがほぼ安値ですが、確かに強い相場でないことだけは確かなようです。
さて、週末のターゲットは16,000 or 16,500どっちでしょう???
2007/11/06(火) 19:35 | URL | 資産家さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/716-fc7384bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。