上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経225先物の今週の想定レンジ
 15650円~15000円

 今週の日経225先物は週末の米国の続落を受けてのスタートとなります。CME日経先物15260円▲200円と年初来安値近辺にあります。CME日経平均は米国時間で15060円と安値更新をすでにしています。
消費者信頼感指数の低下、英国バークレズや、米国住宅金融大手のワコビアの評価損の拡大の金融関連の業績悪化材料、輸入物価が上昇。
欧州では欧州委員会が2008年の経済成長率見通しを引き下げ、インフレ見通しは上方修正等がありました。
ダウは節目の価格水準の13000ドル手前、ザラ場安値でも何とかわらないでしました。

先週末の日本市場のさげも、CMEglobexは小高く推移、為替もザラ場中はさほどの動きもない中での力技での下落でした。米国の下落を予想するかのごとくです。
ここまで買い方も明確な反発姿勢も見せてなかったですが、週末はSQ通過で反発を見せた感じもしました。15650円あたりでは攻防を演じていました。これ以下の水準では買いが入ってきてもよさそうです。ただ、金融機関の爆弾をまだもったままの状態にも思いますので、週末のような力技が先週で終結したのか、第2ステージが待っているのか予断を許しません。

今週の予定では、13日に日銀の金融政策決定会合の政策最策発表、GDP7-9月の速報、建設大手の決算発表。14日は欧州で7-9月のGDP速報、日本の銀行、みずほ、あおぞら、新生銀行があります。
日銀は今回も据置がコンセンサスで、前回も利上げには意欲を見せるコメントが出ていますがこの時期短期的に利上げを示唆するコメントも出にくそうです。
建設大手は、改正建築基準法の悪影響がどのくらいなのかサプライズがあるのか注目です。同時に銀行の決算発表も注目が集まりそうです。
決算発表前の観測報道も影響されそうです。また、セクターとして両方とも年初来安値を更新中ですので、悪材料出尽くしで反転のきっかけになるのか、更なる下落となるのかも注目です。
 週間では陽線で考えています。過去の週間の下落幅が900円を越える場合の翌週は反発しているのが手がかりです。
 ただ、決算発表にサプライスの可能性もあり警戒感は引き続き必要でしょう。
為替の動きも注目されますが、ここまでのところは、金利差注目よりは、市場の悪材料による株価下落、安全資産への逃避、円キャリー解消の流れが一番大きく反応していますので、大きな株価下落要因のサプライスには反応する可能性もありそうです。ただ、110円台に入り110円割れにははかなりの抵抗もありそうで、反転のきっかけにもなりやすいところです。
15000円を切る展開になると次に注目されるのが、昨年の安値14218円(日経平均終値)、ザラ場安値14045円、先物は終値14270円、ザラ場14020円です。
 最安値攻防と緊張感高まる週となりそうですが集中力で頑張りたいと思います。

  人気blogランキングへ  
  ブログ村 日経225先物
   いつも応援ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/11/12(月) 06:48 | | #[ 編集]
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
2007/11/11(日) 22:24 | URL | (´・ω・`)ひろ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/11/11(日) 17:22 | | #[ 編集]
月曜は様子見がいいのかな。アメリカ祝日だし、為替次第かな?? とか思っています。
来週もよろしく御願いします。
2007/11/11(日) 16:28 | URL | 資産家さん #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/11/11(日) 12:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/743-9bdc63b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/11/12(月) 00:35:45 |
管理人の承認後に表示されます
2007/11/11(日) 12:14:13 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。