上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■前場の結果
18160円~18080円 値幅80円 終値18130円▲30円

注目の日銀短観は、業況判断ほぼ予想通りながら、設備投資が若干、大企業製造業の9月予想が若干下回りやや弱含みの結果となっています。
寄付きの18140円は思惑なしの単純な弱い寄付きで仕掛けも見られず、出来高も少なく全体的に様子見の展開です。
上値は、昨日高値、CME共にタッチできないままの状態です。
下値は18100円を若干割ったものの、深押しはなく、多少の安心感から反発し再度上値トライに向かいましたが、本日高値も抜けぬまま、揉みあい状態のままです。

従来の月曜日相場は前場は様子見揉みあいでも後場に方向性を出し一気にトレンドを作るパターンが多く、今日の前場の状況(CME、前日高値ぬけない状況続く)では売られるパターンが多いように感じていました。
最近はこのまま、揉みあい展開が多い様に感じます。
前場出来高少ない分、後場一気に雰囲気が変わる可能性もあります。
今日このまま揉みあいのままだたと明日も動きはなく水曜日に変化が出る感じです。

売り・買いとも短観は大きな材料にならず、現状の板の感じは大きく動きにくい板にみえます。
ただ、参加者はブレイクしたほうに乗る準備をしているトレーダーも多いでしょう。ブレイク後の追随がないと直ぐ押し戻される可能性も高く、ブレイクの仕方、スピード、出来高に注目しています。

F2ブログランキング
日経先物ランキング

いつも応援ありがとうございます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/79-65dccb05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。