上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今週の日経225先物の想定レンジ
 15500円~14800円

今週の日経225先物は引き続きの乱高下の展開をを想定しています。

 今週の材料としては、日本は依然相場にインパクトのある材料は乏しく鉱工業生産の速報が29日(木)消費者物価、家計調査、失業率等は30日(金)にあります。米国は住宅関連が多く27日(火)S&Pのクースシラー住宅価格指数(トレード塾にリンクしてあります)があり、29日中古住宅販売、30日に新築住宅販売があります。28日(水)は消費者信頼感指数、29日には7-9月のGDPの改定値が、30日(金)は個人消費、個人所得があります。
また、中国では26日(月)に0.5%の預金準備率の引き上げが行われます。
今週も外部要因による相場変動が予想されます。

 為替も107円台をつけ、昨年の円高水準を下回っています。PER15倍台にせよ昨年の下の記録はドンドン塗り替えられ残っているのは株価のみの感じすらします。やはり昨年来安値を確認する場面はやってくるようにも思います。

 為替に関しては、元に対する圧力は依然継続され、同じアジア通貨としても円高に傾き易い感じもあります。また、米国のドル安水準に対しての口先介入的なものも日増しに高まっています。ドルの価値下落は、中国でも先日一部高官が口にした、強いユーロへの転換発言が出るのもうなづけます。日本も中国同様、米国国債を大量に保有しています。ドルの価値の目減りは保有資産の目減りともなりますが、日本は何も出来ないでしょう。

 米国は強いドルを強調します。ここ1年の間に何度となくポールソン財務長官は発言していますが結果はドルの安値更新が続きます。世界を市場とする米国の輸出型企業にとってはプラス面もあります。ただ金融市場及び国内投資においては米国への投資はドルが強くなければ逃げてしまします。
 ここ何年かは為替への介入は口先以外には行われてなさそうです。市場主義を貫いています。今のテーマは中国の元の切り上げ、中国が元に対して政府としての介入が無いかを監視している立場からして、その他の国での為替介入は直接的には出来ない、やれば中国の元切り上げが果たせなくなる。為替のほうも直接的介入はないとの判断で今のドル安の流れが続いているのではとも思います。今の為替相場はドル安、元切り上げがメインテーマで、日本円は日本の価値と言うよりも、低金利通貨としての需給バランスのみで動かされているように思います。

 今週は昨年は反転の基点となった週です。その辺の売りが収まる期待と、週足での6週連続の陰線、米国の週末高、月末週もあって月末高期待、を受けて一旦買い戻しの流れから始まる可能性がありますが、買い手がかりになりのは価格水準、低PERぐらいしか手がかりが見当りません。ただ上昇すれば、上昇したであとから理由は付いてくるのは相場の常です。

また、週初はブラックフライデーの速報も何らかの形で伝わり影響を及ぼす可能性もあります。あくまで仮定ですが、ブラックフライデーは好調と伝わる可能性もあるのではとも思います。厳しい消費環境にもし入っているとすると、割引や特典のあるところに集中することはよくあることです。プロパーで買うよりもバーゲン意識は高い、どんなに並んでも安いものを手に入れるために努力する。ひょっとするとそんな現象がクリスマス商戦の最初に出て、それを市場が煽り前半盛り上げて、後半は不振が伝わるパターン。前半苦戦し後半に巻き返すパターンは可能性としては少ないと思います。
 相場としての妙味は予想に反しての快調なスタート商戦のほうが動きがでそうです。そんな流がもし出れば若干の上昇ムードも出そうです。ただ、FOMCが12月10日に控えています。利下げとの綱引きもありそうです。
 また、もしスタートから苦戦が伝われば株価は下値模索の継続となり先週の安値更新も視野に入りそうです。
また、月曜日は中国の預金準備率の引き上げが予定され軟調な地合いだけに、始まりには注目が集まるかも知れません。
上値目安は15300円、15600円、15850円、と今まであけてきた窓を意識した価格帯。下値は14650円近辺の(終値・ザラバ)年初来安値水準。下回れば14500円の心理的節目と14270円(終値昨年来安値)14020円(ザラバ安値)。

 ダウントレンドでの戻り売りの流れはかなり浸透してきたように思います。その中で、どこで休憩が入るのか、今週なのか来週なのか、今週のの想定レンジは今週の休憩を想定しているに過ぎず、15000円頭に下値更新の流れになる可能性もあります。ブラックフライデーの速報や、引き続き金融関連での破綻懸念観測情報や住宅関連の予想を超える変動等、またサブプライム関連での対策の発表等のプラスのサプライズ可能性等、株価変動の要素はいつ何が出てもおかしくない状況です。当面は連続性のない相場展開が続く可能性が高そうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/798-ed424cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。