上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の想定レンジ
15100円~14800円        NYダウ   12980  △181 
                    ナスダック     2596  △34
                    S&P     1440   △23          
                    SOX指数    413  △5 
                    VIX指数    25.61  ↑1.23
                  CME日経先物    15000  △230円(通常時間比△200円)
                  イブニングセッション  終値14770円(14790円~14710円)3300枚
  今日の日経225先物は先週末の米国高を受けCME日経先物が15000円で帰っています。
米国のクリスマス商戦のスタートのブラックフライデーは好調なスタートを切ったようです。消費行動的に、厳しい消費環境に入ると、イベントに集中する傾向はあり充分予想されるところですが、通期ではやはり厳しい結果になると思われます。1客単価は減少し、客数は増加となっているよいです。今後市場でこの結果を一旦の戻りの材料と煽るのか、冷静に対応するのかも注目です。また、先週107円をつけた為替の行方も気になるところでしょう。

今週は昨年の反転ポイント、今日は権利付き最終売買日、ディーラーが動きにくい日とされ、積極的な動きがしにく日ともされます。また今晩の米国の動向や、今後の経済指標も気になるところでしょう。
15000円がCME日経先物ですから、上値、下値の目安となりそうです。寄り付きから上回るか、下回るかも今日の相場を占う上でも重要のように思います。
下で始まれ下値試しからのスタート、上で始めれば上値試しからのスタート。ともに15000円が戻り時の抵抗帯となりそうです。
先週は、ザラ場中に15000円を一気に上、下と抜ける展開があったりと乱高下でした。

今日は外国証券経由の寄り付き前注文動向も気にしておこうと思います。11月に入ってはすべて売り越しが続いています。買いこしに転じると一旦、材料視される可能性もあるかも知れません。(騙しの可能性ももあり持続するかは別)

依然、テクニカル的な買戻し、価格水準以外の買い手がかりが乏しい中、米国の週末高(週足では下ヒゲを引いて一旦戻しの展開の可能性もありそうな足にも見えます。)、ブラックフライデーの結果を受けまた、予想PERも15%台に入り何処までこの水準で買いが入るのかをで一旦試す展開もどこかででることもあると思います。(寄り付きからか、後場からか)
また中国が今日から預金準備率の引き上げを行います。その辺の影響があるのか、アジア市場の動向にも注目が集まり、直近の動向のように、アジア市場の開場する時間、または寄り付き後の動向には警戒が必要かもしれません。

メインシナリオは、CME高で△200円の上昇ですから、それ以上に寄りつきから積極的に買うというよりは、週末終値14800円を割らない確認をしながら、アジアの動向を見守る展開、後場は前場の流を受けてのトレンド形成の可能性ではと想定しています。

寄り付きから強めに15000円を上回った展開は、先に上値を確認しての下落パターンの可能性もあり、反転局面で15000円を死守できない場合(14980円程度は範囲内)は警戒が必要かと思っています。 

今週もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
下値固めながら、じわじわの展開が長期的に見ても、好ましいのでしょうね。今週もよろしく御願いします。
2007/11/26(月) 09:51 | URL | 資産家さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/800-e04b5197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。