上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎政府系投資ファンドについて
 今日は中国の政府系投資ファンドが日本株に投資の観測報道を受けて大幅高となった。
日経新聞の取材や、日本での人材募集用のホームページを開設したのもきっかけのようだ。中国投資有限責任公司は資本金2000億ドルで資産の1/3を海外株式、ファンドへの投資を行う模様。中国は1兆4千億ドルの外貨準備高があり、その中心は米国国債で、元の台ドルでの上昇で米国債は元本割れ状態にもあるようです。

政府系投資ファンド(SWF)は産油国、新興国を中心に資産規模を拡大し、やや問題しされ始めている。一部には規制を求める声も上がっているようだ。資産規模は米国財務省によると、1.5兆ドル~2.5兆ドルとも見られ、7~10年後には10兆ドルを超えるとも言われている。
この資金力を背景に企業買収の行い、先進国には、自国企業が外国政府の支配下になることを懸念しての規制議論もあるようだ。
反面株式投資が中心の運用で、買い支え効果に期待する向きもあるようだ。

■■政府系投資ファンドの資産規模

01アラブ首長国連邦(UAE)8000億ドル強
02ノルウェー         3000億
03サウジアラビア     3000億
04シンガポール        3000億
05中  国           2000億
06クェート            2000億
07ロシア            1000億
08韓  国            200億
財務省調べ、yomiuriより
       
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/803-069b3f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。