FC2ブログ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  15600円~15300円 
結   果   15570円~15470円 値幅100円
始   値   15520円
高   値   15570円 
安   値   15470円
終   値   15570円 △410円(通常時間△410円)   
夕場終値   15600円 始値15550円 高値15610円 安値15520円 出来高4726枚

 今日の日経225先物は△410円と米国高に素直に反応し大幅上昇となりました。値幅は100円と小動きながら、今までの乱高下とは違った落ち着いた動きとなりました。
寄り付きは15520円と大幅高のCME日経先物比は▲15円のマイナスも、15500円を上回り、ほぼCME高を追認するかたちで始まりました。その後は10:00までは15000円を挟んだ下の部分、10:00以降は上の部分で15000円からは上下に離れずの小幅もみあい。後場も寄り付直後は上値トライに行き今日の高値15570円をつけましたが、15600円までは届かず、15000円を意識した小幅な動きのままで引けました。
 出来高は現物19億4千万株、代金2兆5千億円と普通の出来高、先物も10万4千枚と10万は超えたものの最近では少ない出来高でした。
アジアも大幅上昇で。2~4%の上昇、ハンセンは1000P以上の4%を超える上昇でした。
為替は109.65~110.28と110円を挟んでのもみ合い。CMEglobexはまちまちの展開でした。
朝方発表になった、鉱工業生産は前月比△1.6%、前年比では△4.7%とほぼ予想の範囲内とサプライズはなく落ち着いた寄り付きとなりました。
また、寄り付き前の外国証券経由の注文動向は今月初めて株数ベースの買い越しとなっていました。こちらの、変化の時は逆に動きケースもあり警戒しましたが、素直な展開となりました。
今日だけをを見ると、ベーシックな展開、300円以上上昇してギャップを開けたとき、上昇継続志向なら、寄り付きからは落ち着いた始まりで小幅にもみ合いながらの陽線引けと、普通の相場で想定されるパターンでした。これが一時の静けさだけで終るのか、それとも何か流れに変化が出るのかむずかしいところです。
2日間で500ドル以上も上昇した米国市場が今日当たりは反落してもよさそうなところを、日本株はしっかりの印象です。ザラ場で15600円トライの場面はありませんでしたが、1日の上昇幅を考えると、下値15470円で止まったことのほうが高く評価されそうです。
夕場で15600円で引けています。(高値は15610円)15600円を抜けてくると、次は15850円の開いた窓の下値水準です。そこを抜けると16000円の節目と、16090円の開いた窓の上値になります。
また25日移動平均も接近し、15750円まできています。明日上昇の過程では意識されるポジションに来ます。価格水準にも寄りますが、まだ16100円を大きく超えてこないと10間は下向きが続きます。来週あたりは5日線と25日移動平均線のクロスの場面も可能性が出てきますが、25日は下向きのままでは跳ね返される可能性も高いかもしれません。
 明日は11月月末、週末となります。流に変化がでたのか、月末高を意識しての短期的なことだけなのかは判断難しいところです。米国も利下げ期待だけでは、ここまで何度も同じことを繰り返していますので、そう長く上昇トレンドが続くとも思いにくいところです。12月11日のFOMCまではまだ少し時間もあり、株価があまり堅調だとまた利下げに懐疑心もうまれ、また利下げ期待が高ければ直前に売り込まれることも少ない、少しもみ合いの展開になる可能性もあるかもしれません。ある程度落ち着いた相場のほうが素直で想定はしやすいのですが、値幅が出ないとこれも面白みに欠け、痛し痒しのところです。
今晩の米国はGDPの改定値、新築住宅販売等があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/814-e5dc92d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/11/30(金) 05:28:49 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。