上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■先週の日経225先物の結果(12月10日~)
想定レンジ 16400円~15850円
結   果   16090円~15450円 値幅640円
始   値   16010円
高   値   16090円 
安   値   15450円
終   値   15530円 ▲400円(通常時間終値15570円▲360円)
            週間騰落▲480円

■日経225先物の今週の想定レンジ(12月17日~)
 15800円~15300円

 今週の日経225先物は15500円を挟んでの乱高下の展開を想定しています。

先週末メジャーSQ通過し一旦の上昇を見えるも30分で買いが続かないと反落の流れになり15500円台で終える弱い流れのまま終りました。米国も週末は大き目の下げとなって引けました。ダウの終値は200日移動平均が目の前の水準です。意識される水準と思われますのでここを割るようだと次は13000ドルの節目の攻防になりそうです。
ここまで、上昇のときの原動力はFOMCの利下期待、今回は予想の下限で決着し次の買い手がかりが乏しい状況です。欧米の中央銀行による短期金融市場への協調資金供給。
スタートは17日の月曜日からですので発表後の反応は今ひとつでしたが、実際のスターとで反応も変るかも知れません。また、シティGらによるサブプライム対策基金の途中経過が発表になっていましたがこちらも反応は今ひとつ。内容的には規模縮小や、日本の大手3大メガバンクに対しての出資要請等が一部銀行の出資規模の大きさに対する反応で嫌気に繋がった部分のほうが多きかったようです。
先週の対策発表に関しては市場は反応しなかった状況でしたが、無反応時は、あとで大きく反応することもあり、他のタイミングとの合わせ技の可能性もあります。

 今週のスケジュールでは、日銀の金融政策決定会合が19日・20日にあります。据え置きのコンセンサスは変らないところですが、日銀の世界の現状に対する認識の変化があるかのコメントに注目が集まるところでしょうか。為替も先週末113円台と、株価下落とは通常と逆方向に動きました。直近の動向とは逆の動きの捻れです。これも今までとは違う変化です。
 また、米国では景気指標が多く発表になります。
何よりも米国大手銀行の決算発表にも注目が集まりそうです。
18日ゴールドマンサックス、19日モルガンスタンレー、20日にベアスターンズです。先に発表したリーマンは12%の減益でした。
ゴールドマンサックスは今回の勝ち組です。この辺に予想を下回る内容が出てくると雰囲気も悪くなりそうです。逆に今回の前半戦での下げの下げのきっかけにもなったベアースターンズが予想を上回ってくるようだと落ち着きも出てくるかも知れません。 
 テクニカル的には25日移動平均が15450円にいます。またSQ清算値15515円があります。25日平均は価格水準によって上下するポジションですが、15500円以上をキープしていれば概ね2週間は横から上向きになります。

今年もラスト2週間です。年末ラスト2週間の騰落は過去10年ラスト週は9勝1敗、その前の週は4勝2敗4分け(50円以内の騰落)となっています。このアノマリーから最後の週の上昇期待は高いと思われ、その影響が前週のもみ合いにと繋がっていそうです。
 過去の今週(ラスト前の週)は下落トレンドの1998年▲450円、2000年▲1050円の大き目の下落になっています。同じく下落トレンドの2001年、2002年は小幅もみ合いのままと下落トレンドの年は今ひとつの週です。
今週も材料的には年末を控えながらも豊富な週です。本腰を入れた買いのための材料は不足と思われ、反発も持続性にかける相場展開の流れは続きそうな感じです。

過去10年時系列の年末2週間の星取表 
   他にサブプライム基金・ゴールドマンサックス等「相場観 雑感」など
世界の1週間(5日間)のチャート
 
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dorikazu.blog108.fc2.com/tb.php/868-55d247f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。