上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日の日経225先物の想定レンジ
15750円~15450円        NYダウ   13517  △44
                    ナスダック     2668  ▲2
                    S&P      1488   △1          
                    SOX指数    420   ▲5 
                    VIX指数    22.56  ↑0.09
                  CME日経先物    15580  △10円(通常時間比△60円)
                  イブニングセッション  終値15570円(15620円~15450円)5704枚
米国市場は昨日の日本市場での不安に対しては、下げ幅限定でした。ダウは100ドル以上の下落場面はありましたが、引けにかけては戻し基調となりプラスで引けました。
経済指標では生産者物価が予想を上回る上昇で、景気減速のなかでインフレ懸念が改めて台頭しています。反面小売売上高は予想を上回るいい内容となり、全体へは好影響ながら、小売だけで見ると、コストコの決算が予想を下回ったことが小売への売りとなったようです。いい内容よりは悪い材料に反応した結果です。今の米国の雰囲気も影響していそうです。
また、欧州は大きめの下げとなっています。
昨日発表の欧米の中央銀行の強調した資金供給への効果に、早速疑問の声も上がっているようです。その中で、改めて金融のサブプライム評価損の拡大ど材料に不安が広がったようです。
 為替は112円台の小幅な動きが続きました。原油、金、CRB商品指数ともに小幅安。

今日は朝、日銀短観が発表になります。前回からは悪化の予想のようです。もしサプライズ的な内容であるとかなり影響しそうです。
CME日経先物は15580円と15500円が射程距離になっていますので、短観を材料に寄り付きから寄り付き直後は、荒い動きの可能性もありますので、CME日経先物から離れて始まる時は注意したいところです。(チャンスの可能性ともいえますが)
米国の一旦の下げからの戻しですから、日本市場も、SQ通過で、特別清算値決定までの綱引きが終ると一旦は戻し歩調で上値を試しにかかることを想定しています。
問題は続くかです。皆、SQ明けの買いに期待を少なからず持っている部分もありそうですが、買いが来ないと判断すると引きも早そうです。週末でもあり(SQ通過はいつも週末ですが)不安定要素の多い中、警戒感はもっている必要もありそうです。

 今日は朝の日銀短観次第の部分はありますが、通過後は一旦上昇し、SQ値の下支えで戻りを試しながら多少の乱高下を想定しています。  
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  16000円~15800円 
結   果   15840円~15490円 値幅350円
始   値   15820円
高   値   15840円 
安   値   15490円
終   値   15520円 ▲390円(通常時間▲380円)   
夕場終値   15570円 始値15540円 高値15620円 安値15450円 出来高5704枚

 今日の日経225先物はメジャーSQ前日、大幅な下落となりました。
ほぼ寄り付き天井に近い状況で、最後まで反発することもなく、時間をかけて徐々にレンジを切り下げ、13:30過ぎにはやや諦めにも近く、下落の角度も少し急になり安値15490円と節目の15500円を一瞬わりました。
 米国の昨晩の大幅高の寄り付きからの200ドルを越す下げは、今日の相場に大きな影響となったようです。CMEglobex米国も弱い動きで今晩の米国に強気にはなれず、SQ(特別清算日)を控えて、売り方に分があり15500円の射程範囲から、15500円ほぼ確実に捉える範囲までの下げを演じました。
CMEglobexの米国も弱い展開で、昨晩の日足と合わせ技で、今晩の米国には悲観が支配的だったようです。米国が今晩弱い可能性も、SQ前日にとっては大きな材料の一つのようです。弱いときには、SQ前は勢いを増す傾向もあります。売り方にとっては大きなチャンスとなりました。
16000円との綱引きで、悪くとも15700円台では止まるとも思っていましたが、予想以上に今晩の米国への不安は大きかったようです。
今日の下落がSQ睨みだけの超短期的なものなのか、明日のSQ通過後の商いにも注目です。
昨日の欧米の中央銀行の資金連携した資金供給。大手金融の追加評価損の見通しと、債券市場は米国の0.25%利下げ後あわただしくなってきました。
以前から気にしていました。民間レベルのサブプライム基金の続報もまだ大きく伝わってきていません。一部には、その基金に日本の大手金融に対し、米国から参加要請あるようにも伝わっています。今ひとつ順調ではないのかもしれません。以前より冷ややかな目で見る関係者の声も伝わっていましたが、更なる続報を待ちたいところです。
それにしても、サブプライムの評価損の話題は、小出しのように少しづつ、スケジュール化されたように順番出てくるものです。

 明日はメジャーSQ当日、米国の動向如何では、寄り付き直後には少し大きめの上下はありそうです。寄り付き直後10分のの動きは、単なるオプションSQに較べるとメジャーSQは大きくなる傾向があります。(昨日の表の記事参照)
SQ通過後の動きですが、今日は多少現物出来高は膨らみましたが、直近はFOMC通過でも膨らんでいませんでしたので、SQ通過待ちでの商いの細りだった可能性もあり、SQ通過で流れがでる可能性もあります。期待したいところです。ただ米国動向次第では、月曜からの仕切り直しにずれ込む可能性もあるかもしれません。
もしSQ通過または来週の月曜日でも反発がない、、または限定的だとしたら、今年最後の日銀金融政策決定会合が20日(木)に予定されています。大納会まで7日のところです。そのあたりが最後の変化の日となるのでしょうか。
また、FOMCは1月のスケジュールを把握していませんが、昨年は1月31日と1月も後半でした。同様だとすると次回のFOMCまではかなり時間があり、ここまで、米国上昇の背景には利下げ期待が付いて回りました。次回も今回が0.25%だった分追加利下げの期待が高まりますが、待ち時間が長い(仮定)ことがどのように株価に影響を与えるのかも気になるところです。とりあえずの明日は、米国次第ですが、今のところは、今までたまったエネルギーがSQ通過でどの程度出てくるのか、反発からのスタートを想定しています。毎度の事ながら、問題は一旦戻した後、価格水準以外の買い注目材料が乏しいなか買いが何処まで続くのか商い高にも注目しています。
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング
■今日の日経225先物の想定レンジ
16000円~15800円        NYダウ   13474  △41
                    ナスダック     2671  △18
                    S&P      1486   △9          
                    SOX指数    425   △2 
                    VIX指数    22.47  ↓1.12
                  CME日経先物    15920  △10円(通常時間比△20円)
                  イブニングセッション  終値15910円(15950円~15890円)4447枚
 米国ダウは寄り付き、大幅な△200ドルを超える高値からその高値維持できずに△41ドルの小幅高で終えています。
CME日経先物は15920円とほぼ昨日終値近辺で帰っています。
為替は昨日の東証引け後に112円台に入り、その後は112.46までの円安から111.80の111円台までの動きで、昨日の東京時間に較べると円安方向ですの展開でした。
CMEも米国の寄り付き高値では、16150円近辺までの上昇はありましたが、逆に下落局面では15800円割れの場面もありました。
 原油は93.77ドルと上昇、金、CRB商品指数も上昇しています。
寄り付き高値は欧米の中央銀行が短期金融市場に強調しての資金供給を好感しいての大幅上昇だったようです。
 その後米国では金融関連の追加評価損の発表が、バンクオブアメリカ、ワコビアなどからあり嫌気したものと思われます。

 今日の寄り付きからの下げは、印象的には悪い印象となりました。明日にSQを控えていますが、今晩の米国の株価予想が影響をあたえるかも知れません。
米国が下落の可能性が高いとなれば、比較的買い難いSQ前日。16000円を上回って引けても、今晩の米国が下落なら16000円寄り付きでの特別清算値の維持も難しくなります。
売り方が短期的に優勢になる可能性も出てきます。

 今日は昨日終値を挟んでの小幅もみ合いの展開を想定しています。
16000円からは基本的に大きく離れない展開。ただ、少し触れましたが、米国の今晩の市場の見方次第では売り方の攻勢があるかも知れませんので警戒しておきたいところです。 
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  15900円~15600円 
結   果   15980円~15690円 値幅280円
始   値   15700円
高   値   15980円 
安   値   15690円
終   値   15900円 ▲240円(通常時間▲180円)   
夕場終値   15930円 始値15830円 高値15930円 安値15820円 出来高3066枚

今日の日経225先物は前日比はマイナスながら、ほぼ寄り付き安値で当日騰落では△200円の上昇となりました。16000円までは届かなかったものの高値15980円までありました。
昨日の終値ベースの5日平均15900円で引けました。日経平均株価指数は15932円で引けて若干の逆ザヤとなっています。
為替も東証寄り付き後は110.79が円の高値で株価とともに円の安値方向に動き111円13の円の安値をつけ、東証引け後はさらに進み111円台のもみ合いとなっています。
今日の寄り付きをんぼ上昇はやはりCMEglobexの上昇がかなり安心感に繋がったように思います。 
 出来高は現物株21億1千万株、代金2兆5千億と昨日からは持ち直しています。先物は9万8千枚と10万枚割れは11月5日以来のことで27営業日ぶりとなります。
アジアは韓国の小幅高以外は下落でハンセンは2%を超える下げとなりました。
業種別では、石油関連(鉱業・石油)を除くと、8業種にか値上がりが無い中、今日も卸(商社)鉄、海運(ほぼ変らず)が健闘していました。

 前場は寄り付き15700円CME比△75円高、下値も15690円とCME日経先物15625円を否定しての始まりとなりました。寄り付き後からすぐに上昇し、高値15800円で頭打ち、そのまま15700円のもみ合いのまま現場は引けました。
 後場に入ると再度15700円を確かめ、割らないと13:30分過ぎからはレンジを切上げ前場高値の15800円を抜くと流れは加速し、14.25分ごろには16000円手前の15980円まで付けました。その後はの5日移動平均(昨日終値ベース15900円、今日の終値ベース15950円)近辺でのもみあいのまま引けました。
ここ最近は、どちらかというと後半に上昇のケースが目立っているように思います。
引け直前には若干売られる不安定さはあるものの、下値不安よりは、もう少しの上を目指しているようにも感じます。今日も安値の寄り付きからは上昇したものの、出来高は2兆5千億。
FOMC通過と、寄り付き▲440円安からの上昇を考えるともっと出来高が膨らんでもよさそうですが、それほどでもないように思います。やはりSQ通過待ちのウエイトのほうが大きいのかも知れません。今日も15500円以下を狙うには売り方にはチャンスでしたが、寄り付きから攻める姿勢もなくの上昇でした。16000円はSQがらみで、大きく離れない感じの動きです。
明日はSQ前日、16000円から大きく離れないところが居心地がよさそうな感じです。
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング
■今日の日経225先物の想定レンジ
15900円~15600円        NYダウ   13432  ▲294
                    ナスダック     2652  ▲66
                    S&P      1477   ▲38          
                    SOX指数    423   ▲9 
                    VIX指数    23.54  ↓2.80
                  CME日経先物    15625  ▲515円(通常時間比▲455円)
                  イブニングセッション  終値16140円(16150円~16080円)4551枚
 米国市場は大幅な下落で帰ってきました。CME日経先物も夕場終値から▲515円安の米国を上回る下げとなっています。
注目のFOMCは0.25%の利下げ実施し、FF金利4.25%となりました。FF金利自体はほぼ市場の予想通りでしたが、公定歩合の0.25%の利下げのほうは0.5%の予想が多かったようで、ここへの失望からの大幅の下げを指摘する声もあったようです。
また、声明文の内容も、景気後退に関する懸念の度合いも高くなり、悪化傾向の中での、政策金利が予想の最低限にとどまったことが改めての失望だったようです。
 為替も大きく反応し、110円台に入っています。昨日の東証引け後には112円台を付けたところからの110円台でしたから、株価への反応も米国以上の押し下げ要因となっています。
米国時間の日本株の反応は、いつもながら為替の動きには日本時間異常に大きな反応が見られます。

 今日の日経225先物は、CMEサヤ寄せ後は戻りを試す展開を想定しています。
為替の動向もきになるところですが、今の為替は株価に影響されての動きで金利差縮小が要因の円高ではないようにおもいますので、株価がまた安定基調になれば円安方向の流れも出てくる可能性もありそうです。ただ、長い目で見ますと、米国の利下げは今後も続く見通しが大半ですから、金利差縮小は継続していくことになれいそうです。どこかでは変化につながるとも思います。
米国の下げは、引けまで続き、前回はザラ場中に一旦急落からの上昇相場に転換でしたが、今回は下げたまま反発の兆しがないままは、今日の日本市場にも影響の可能性もありそうです。戻り一服後の展開で、米国の今晩の動きに対しての様子見につながるとことと、SQを睨んだ綱引きが15500円台以下の可能性も復活しましたので、先物主導で改めて活発化する可能性もあり、戻り一服後と、後半には注意しておきたいと思います。
また、プットの15000円の建玉も4万3千枚に膨らんでいます。15500円は3万3千枚。
 下値には、25日平均がまだ下向きで15500円に、上値には5日平均が15900円(価格水準で上下変動)にあります。
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング
■日経先物の今日の結果
想定レンジ  16200円~15950円 
結   果   16090円~15970円 値幅120円
始   値   16030円
高   値   16090円 
安   値   15970円
終   値   16080円 △150円(通常時間△180円)   
夕場終値   16140円 始値16100円 高値16150円 安値16080円 出来高4551枚

 今日の日経225先物は値幅120円の小幅な比較的強含みのもみ合いとなりました。
終値で16080円と11月7日以来約1ヶ月ぶりの16000円台回復です。
出来高は現物株16億8千万株、代金2兆1千億と10月26日以来の16億株とかなりの少なさでした。
 前場は昨日同様にCME日経先物並びの寄り付きで、今日は16000円台を割らず、下値16020円。上値は渡来するも、16090円と16100円にタッチできずに押しもされ16060円~16020円の膠着のもみ合いに終始しました。
後場の始まりも昨日同様の落ち着いた始まりで前場終値変らずからでしたが、12:50頃から急落し、15970円の16000円割れとなりました。ただ下落は5分間80円幅にとどまり、安値からは引けにかけてもみ合いながらも、じり高となりほぼ今日の高値水準の16080円で引けました。一段高は大証時間に入ってからでした。大証時間での動きが、昨日とは逆の動きながら、日中に較べると10分間の動きが目立っています。
夕場に入り一段高で高値16150円と週末、直近の高値16120円も超え、引けでも16140円と上回って引けています。
 アジアは上海を除いてほぼ皆上昇。ハンセンは2%を超える上昇となっています。
CMEは高く推移していました。為替は111.98円~111.60円の推移で112円を伺うところから夕場に入り112円台に入り、高値更新につながりました。
 セクターでは卸売り(商社)、海運が上げ幅が大きくなり、続いて鉄鋼となっています。ここしばらくは安値圏にいて、もみ合いからやや反発色が出ていたところの上昇となっています。
 今日は後半高とやはりFOMCを睨むと若干期待のほうが大きかったということでしょうか。また、CMEglobex米国の動きもやや上昇を予感させる動きだったようです。 
 明日はFOMC通過で、今週末のメジャーSQも見据えて動きも出そうな日となりそうです。
ここまでの出来高の少なさも、明日のFOMC通過か、SQ通過かどちらかの動きのためのエネルギーの温存のようにも思います。
 大きな流れは、極度の金融不安からは一旦抜け出す可能性が高くなってきているように思います。極度の金融不安に対して、金利据え置きまたは、利下げの流れで金融の沈静化に向けて世界が協調して取組み、金融セクターも、資本増強のの流れができつつあります。
仮にFOMCで0.25%で利益確定の動きで下落しても、それが不安に繋がるとも思いにくい現状のように思います。もちろん上昇で最高値更新していくとも思いにくい状況。レンジ相場の可能性も高いように感じています。
 今の米国の株価のポジションと、日本の株価のポジションがあまりにも大きく違い、日本を考えると、米国が堅調ならばもう少し上値余地はあってもよさそうですが、米国は最高値も近く、上値余地が限定のように思ってしましいます。
 少し捻れた感じで、米国がもみ合いの間に、日本がレンジ切上げするパターンは価格水準的にはしっくりきますが、反面米国株離れは中々イメージしにくいところです。
明日の日経225先物は、SQでの16500円の抵抗を意識すると、SQ前はFOMCでのサプライズがなければ、160000円台の小幅もみあいのままSQを迎える可能性もありそうです。
人気ブログランキング
ブログ村先物ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。